ソーシャルメディア利用ガイドライン

本ガイドラインは、豊橋創造大学、豊橋創造大学大学院および豊橋創造大学短期大学部(以下「本学」という)に所属するすべての学生・教職員がソーシャルメディアを利用する際のガイドラインをまとめたものです。

近年、インターネットやソーシャルメディアの発達により、個人が社会に向けて情報発信することが可能となり、また相互のコミュニケーションが容易に実現できるようになりました。
ソーシャルメディアとは、インターネット上で利用者が情報を発信し、他の利用者と交流、コミュニケーションできるメディアのことを指します。具体的には、LINE、Facebook、Twitter、mixiなどのSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やYouTube、ニコニコ動画などの動画共有サービス、各種ブログなどが挙げられます。
しかし、ソーシャルメディアで発信された情報はときに発信者の意図しない問題を引き起こし、社会に多大な影響を与えると共に、発信者のみならずその家族や知人等にまで被害を及ぼすことがあります。そのため、ソーシャルメディアの利用に際しては、その仕組みや自らが負うべき責任について各利用者の正しい理解が必要となります。

本学では、教育研究活動や社会活動におけるコミュニケーションツールとしてソーシャルメディアの利用を有効な一手段と考え、学生および教職員がこれを適切に利用し、安全に活用するための考え方や留意点をまとめたガイドラインを策定しました。
以下のことを十分に自覚した上で、本学の一員として、責任あるコミュニケーション活動を行ってください。

1.法令遵守

日本国の法令はもとより諸外国の法令や国際法を遵守し、個人の人格的な権利※1)、個人や企業・組織の持つ財産的な権利※2)を侵害しないでください。
※1)人格的な権利:プライバシー権(私事権)、肖像権、名誉権、等
※2)財産的な権利:著作権、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)、パブリシティ権、等

2.個人(人権)の尊重

一人ひとりの個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え方、生き方をお互いに認め合うことを心がけてください。

3.正確な情報の発信(記載)

本学に所属する一員として、発信する前にその内容に虚偽がないことを確かめてください。意図的に虚偽や不確かな情報を発信することは、あなた個人のみならず本学の名誉と信頼を損なう恐れがあることを理解してください。

4.本学の一員である自覚

本学の一員であることを明らかにした上で情報発信を行う場合は、あなた個人としてだけでなく本学を代表したイメージで受け取られることを十分に自覚してください。

5.情報発信に際しての具体的な遵守事項

次のような情報を発信してはいけません。

  • 法令に違反する内容、基本的人権、知的財産権、等の権利を侵害する内容
  • 誹謗中傷、名誉棄損、嫌がらせ、脅迫に該当する内容
  • 他人の個人情報やプライバシーに関する内容(原則として相手方の了解が必要)
  • 守秘義務のある情報、機密情報
  • 公序良俗に反する内容
  • 他人を欺くことを意図した虚偽情報、不確かな情報
  • 人種、民族、言語、政治、宗教、身体、病気、性、思想、信条に関する差別的な内容

6.自分自身のプライバシー保護

利用するサービスの内容や利用規約を吟味し、個人情報を登録・公開する際には公開の範囲について十分に注意を払ってください。たとえ登録・公開した情報を削除したとしても、第三者において保存・アーカイブ化されたものが人物情報として利用される恐れがあります。また、直接的な個人情報以外にも行動履歴等から個人を特定された事例もあるため、自身のプライバシーの保護に十分努めてください。
就職活動において雇用者が雇用希望者をWebで検索することが増えてきています。ソーシャルメディアを利用して情報発信したことが将来、自身を困らせることがないよう十分注意してください。

7.トラブル等の相談

ソーシャルメディア等インターネット上でトラブルに巻き込まれてしまい自分で解決できないと感じた場合は、速やかに学生課へ相談してください。

発信した情報が不適切であると本学が判断した場合、本学はその品位を守り社会的責任を果たす目的で、それを調査して規程に基づき懲戒処分の対象とすることがあります。また、就職活動やアルバイトにおいて企業情報の守秘義務違反などがあった場合には、内定取り消しや解雇といった処分や、場合によっては損害賠償請求を受けることもあります。
正しい情報を発信する姿勢を持ち、常に誠実でモラルのある態度に努めてください。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。