PBLによる
プロジェクト活動の実践

PBL(Project-Based Learning)とは

「PBL(Project-Based Learning)」とは、「問題解決型授業」ともいい、チームで学生自らが調べ、考え、議論し、問題を解決していく学習形態である。学習の主体は、学生であり、教員は学習を支援する立場になる。教員は一方的に教え込まずに、適切な指示を与えたり、学生とともに考えたり、議論に参加する。このようなPBLによる学習は、学生に対する教員のかかわり方が重要である。2012年3月に、中教審大学分科会が「大学教育の質的な転換」の方策として「双方向の講義、演習、実験、実習や実技等の授業を中心とした課題解決型の能動的学修「アクティブ・ラーニング」(AL:Active Learning)」を提示した。PBL学習は、このALの範疇にあるもののひとつであり、新しい形の学習形態である。本学科では、2年次の『ゼミナール(必修科目・通年)』において、このPBLによる学習をプロジェクト活動(『SOZOプロジェクト』)として実践している。

PBLとアカデミックスキルズ

大学では、自らが考え、調べ、論ずることが求められている。PBLの中で意識的に「アカデミックスキルズ」を身につけると、より効果的に学習することができる。「アカデミックスキルズ」とは、大学で学ぶために必要な知的技法のことで、調査の仕方やデータの処理、グループでのディスカッション、プレゼンテーションの方法、レポートの書き方、情報発信など多岐にわたっている。

『SOZOプロジェクト』~地域企業・自治体と連携したプロジェクト体験~

本学の「PBL」によるプロジェクト活動は、地域企業(NPO,行政機関を含む)と連携して共同でプロジェクトの運営を体験的に学ぶものである。学生は、1年間のプロジェクトの運営を通して、アカデミックスキルズとともに地域企業との仕事上でコミュニケーションの方法も学ぶことになる。このようなプロジェクト運営は、企業の仕事の進め方の体験や、ウェブ検索サイト及び携帯情報端末の活用など、就業後に直面するであろう、仕事能力の醸成を図ることになるのである。

プロジェクト活動の流れ

本年度プロジェクト紹介

  • 「インスタ映え」に挑戦

    今泉ゼミナール

    「インスタ映え」をキーワードにして、SNSを調べることをテーマにしています。LINE、Instagram、Twitter、Facebook、SMS、Emailなどを扱います。
    「インスタ映え」は、もう古いのかなど、現代の潮流を調べることで明らかにしていきます。

  • 防犯ボランティア

    中島ゼミナール
    愛知県豊橋警察署生活安全課

    地域の安全・安心を目指し、地域の清掃活動やあいさつ運動をしながら、地域を巡回します。また、保育園で防犯ペープサートを公演します。豊橋警察署等と連携し、防犯キャンペーンや防犯講習会を実施していくことを活動の中心にしています。

  • SOZOこどもクッキング

    朝倉ゼミナール
    こども未来館「ココニコ」

    子どもの頃から食事を自分で作る楽しさや難しさを学び、食事作りに関心を持ってもらうことを目標にしています。そして学生には、参加者の子どもの個々に目を向け、偏りが無く皆が満足して、気配りと目配りを実行し、その過程で生じる課題や問題に取り組むことでPDCA力を身につけることを期待します。

  • 地元企業の紹介HPの作成

    花岡ゼミナール
    株式会社 タスキ

    本プロジェクトでは、東三河の求人・企業・生活情報サイトを製作・運営する株式会社タスキ様の協力を得て、地元企業を取材し、その紹介記事を作成する活動を行います。この活動は“オープンキャリア・カレッジ”として同社が運営するプログラムであり、私たちもこのプログラムに参加し、同社HP上での記事掲載を目指して活動しています。

  • キラキラT girls

    瀧﨑ゼミナール

    豊橋まつり総踊りに参加をします。本年は、大学生と高校生の連携事業として、「豊橋市わかば補助金」の対象活動になっております。学内の教室で休み時間に練習を行い当日は、キャリアプランニング科1年生、2年生、高校生、そして愛知大学短期大学部合わせて70名ほどが参加しました。その後、学生が高校生に企業の説明をする取り組みも行っています。

  • 医療事務の仕事を考える

    矢島ゼミナール
    株式会社 オフィスサポートセンター

    医療事務の仕事とはどのようなものなのか?診療報酬制度等の仕組みを探る事から始めます。医療事務の仕事を、患者さんにとってより良いものとする方法・方策を考えていきます。その上で成果を実践できる取り組みを医療機関の現状を実際に把握し理解していきます。

  • かわきたバスに乗ってもらおう!

    伊藤ゼミナール
    豊橋市都市計画部都市交通課

    下地地区・大村地区を走るコミュニティーバス=かわきたバス(スマイル号)の利用者が伸び悩んでいます。地域の人に乗っていただくアイディアを考えて実行していきます。それを通じて地域と大学の在り方を考えます。

※上記SOZOプロジェクトは2019年の実績となります。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。