教員紹介

専任教員と専門研究分野

※名前をクリックするとJ-GLOBALの研究者ページ(外部サイト)へ飛びます。

学部長・教授 小竹 伴照 リハビリテーション医学(中枢神経・骨・関節疾患)
学科長・教授 金井 章 研究室サイト 理学療法学/バイオメカニクス
教授 稲田 充男 森林科学/森林計画学
教授 後藤 勝正 研究室サイト 生理学/骨格筋の可塑性制御機構
教授 飯田 有輝 内部障害理学療法/予防理学療法/侵襲制御医学
教授 石田 和人 脳神経生理学
教授 加藤 知佳子 心理学/知覚・認知心理学
教授 中川 博文 SOZO's先生カタログ リハビリテーション工学/生体力学
教授 冨田 秀仁 小児理学療法/姿勢制御
教授 肥田 岳彦 肉眼解剖学/神経解剖学
教授 八木 幸一 内部障害理学療法/高齢者理学療法
准教授 辻村 尚子 地域理学療法/疫学
准教授 船井 純平 英文学
講師 中村 佳代 神経科学/リハビリテーション医学
講師 森上 亜城洋 理学療法評価学/リハビリテーション栄養学/地域理学療法学
助教 大橋 和也 筋肉生理学/細胞生物学
助教 塚田 晋太朗 神経理学療法/運動器理学療法
助教 柳田 賴英 内部障害理学療法
助教 横山 真吾 筋肉生理学/基礎理学療法学
助手 彦坂 潤 運動器理学療法

教員TOPICS

最先端機器を駆使して未知の分野を研究しよう

例えば、3次元動作解析システムによる歩行解析

けがや病気によって歩くことが困難になった人に再び歩けるようになってもらうことは、理学療法の重要な目的のひとつです。歩行の再獲得のための評価や治療を行うには、まず"歩行とは何か"を解明する必要があります。理学療法学科では、高性能な3次元動作解析システム「バイコンMX」を導入し、歩行研究に活用しています。
臨床運動学を専門とする金井章先生によれば、「8台の計測カメラと6台の床反力計、8チャンネルの筋電図計も備えています。人が歩くとき各関節はどのように動いているのか、足がどんな力で床を押しているのか、どの筋肉がどんな力を出しているのか、といったことが精密に測定できます」とのこと。 もしも大学が、既にこの世にある知識を修得するだけの場所ならば、これほど高度な研究機器は必要ありません。大学とは、知識や技術を修得すると同時に、未知の領域に挑む場、研究をする場でもあるのです。あなたも、理学療法学科の先進機器を駆使して、研究活動に取り組みませんか?

臨床運動学を専門とする金井先生
臨床運動学を専門とする金井先生

創造祭で体力測定を実施しています!

来場者の身体測定や運動機能を学生が測定するイベントを開催

毎年10月に開催される創造祭の企画として、後藤寛司先生がコーディネーターとなり、学生(2年生)を中心に企画運営し、体力測定を毎年実施しています。測定項目は、血圧、体組成(体脂肪率や筋肉量)、肺活量、長座位体前屈、握力や重心動揺など充実した内容。後藤先生によれば、2日間で300人を超える来場者があり、昨年の測定結果を持参する"リピーター"も多いとか。多様な来場者とふれ合うことで、医療人に必要な対人関係を形成する力も養えます。

地域の方々とふれ合い、実践的な学びを

市民向け「予防教室」に参加し、知識と技術を身につける

理学療法学科では地域貢献活動の一環として、医療法人整友会(豊橋整形外科)との共催で、健康と予防に関する市民講座を行っています。少年野球のための野球傷害予防教室、スポーツ傷害予防(テーピング)教室、熱中症予防教室、腰痛予防教室などを毎年開催し、多数の参加者で盛況です。この教室には、学生(4年生)もスタッフとして参加しています。事前にみっちりとレクチャーを受けた上で、実技指導などを担当します。学生は指導に必要なコミュニケーション技術などを実践的に学ぶことができます。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP