カリキュラム

子どもの健やかな成長をサポートするために
保育の理論と豊かな実践力を養います。

開講科目一覧

基礎教養科目
  • 文学
  • 歴史学
  • 倫理学
  • 憲法
  • 生物学
  • フラワーアレンジメント
  • 表現学
  • 数学基礎
  • 総合講座
  • 茶道 Ⅰ・Ⅱ
  • 硬筆書道
保健体育 体育講義 体育実技
外国語 英語(異文化理解とコミュニケーション)
自由科目 キャリアベーシック・言語 Ⅰ・Ⅱ
専門的科目
保育の意味や目的
  • 保育者論
  • 児童家庭福祉
  • 教育原理
  • 社会福祉
  • 保育原理
  • 相談援助
  • 社会的養護
子どもをちゃんと知ろう
  • 子どもの心理学
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 保育課程論
  • 子どもと生活
  • 子どもの心理学演習
  • 子どもの食と栄養
  • 障害児心理学
  • 子どもの保健Ⅰ
  • 家庭支援論
  • 教育相談
より良い保育をするために
  • 保育内容総論
  • 保育内容・環境
  • 保育方法論
  • 社会的養護内容
  • 児童文学
  • 音楽Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 音楽表現
  • 身体表現
  • 保育内容・健康
  • 保育内容・言葉
  • 乳児保育Ⅰ・Ⅱ
  • 保育相談支援
  • 情報教育入門
  • 基礎造形
  • 言語表現
  • 言葉と表現
  • 保育内容・人間関係
  • 保育内容・表現
  • 障害児保育
  • 児童文化
  • 教育工学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児体育Ⅰ・Ⅱ
  • 造形表現
園や施設の現場で学ぶ
  • 実習指導
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 教育実習
  • 保育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
研究したり発表したり
  • 保育者のライフデザイン
  • 保育者のキャリアデザインⅠ
  • 保育者のキャリアデザインⅡ
  • 総合表現

科目の詳細

保育の意味や目的
  • 保育士・幼稚園教員の役割を知る
    保育者論

    保育とは、子どもの成長を援助すること。その内容は、社会変化に伴い複雑化しています。授業では幼稚園・保育所・児童福祉施設などにおける保育者の仕事や役割を理解します。体験型学習により、保育者に求められる態度も身につけます。

  • どの子にも幸せになる権利がある
    児童家庭福祉

    すべての子どもは、家庭において健全に成長し、幸福に生きていく権利をもっています。その権利が脅かされたとき、保育者はどうすべきでしょうか。児童家庭福祉に関する法制度や施策を理解し、それらを保育の現場で役立てる方法について学びます。

  • 保育って何?そのすべてがわかる
    保育原理

    「保育って何だろう?」その全体像を1 年聞かけて学んでいきます。保育の意義、保育の歴史、子どもの発達、幼稚園や保育所の目的や役割、保育者の具体的な仕事内容、保育環境づくりなどを広く学び、保育者としての真摯(しんし)な姿勢を確立します。

子どもをちゃんと知ろう
  • 人間が成長するってどういうこと?
    子どもの心理学

    子どもの心と体はある段階を踏みながら変化していきます。その段階=発達過程を理解することで、子どもの能力を伸ばす保育が可能になります。授業では、子どもの基本的な発達過程を学ぶとともに、発達に必要な環境や生涯発達などを学びます。

  • 子育て支援も
    保育者の役目
    家庭支援論

    保育者の対象は、子どもだけではありません。家族の子育てを支援することは保育者の大切な役割です。家庭における人間関係のあり方、家族福祉のあり方、関係機関との連携について学び、適切な相談・援助ができる力を養います。

  • 障害がある子の心にアプローチ
    障害児心理学

    障害児保育・療育施設などの職場で活躍できるだけの知識と技術を身につける授業です。さまざまな障害について理解した上で、心理劇やゲームなどの手法を使って障害児の心lこ近づく技術を学びます。ピアヘルパー資格取得に必要な知識も得られます。

より良い保育をするために
  • リズムあそびや
    ダンスをつくって発表
    保育内容・表現

    リズムあそびやダンスなど身体を使った表現を創作し、全クラス合同の発表会で披露。その過程で、保育の現場で役立つ音楽・衣装・構成・演出を総合的に工夫する技術を学びます。子どもの情操教育・健康教育の指導に必要な身体表現能力を高めます。

  • 充実レッスンで
    ピアノや歌の表現力を
    音楽Ⅰ・Ⅱ

    保育者に必要な音楽の総合的基礎力を身につける授業です。「個人レッスン」では、各自の実力と個性に合わせた指導を行い、「グループレッスン」では、リトミック教育を取り入れた指導で、各自の創造性を開拓します。

  • パソコンで園だよりを
    つくろう
    情報教育入門

    保育の仕事に就いたときに役立つ実践的なコンピュータ活用能力を養います。パソコン・インターネットの基礎から学び、Wordを使って園だよりをつくるスキルを身につけます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) の資格取得も推奨します。

  • ものづくりの楽しさを
    理解しよう
    基礎造形

    お絵かきや工作など、子どもたちに表現活動の楽しさを教えるためには、保育者自身がその楽しさを知っていなければなりません。授業では、点・線・面を使った作品、色彩を意識した作品制作を経て、オリジナル絵本の制作にも挑戦します。

  • 体を使った遊びの
    指導方法を学ぶ
    幼児体育

    子どもにとって"遊び"とは、生活であり、生命でもあります。授業では、子どもの遊びを豊かにできるよう、なわとびやボールゲームといった子どもの遊びの実践を通して、保育者に必要な体育的基礎技能の修得をめざします。

保育の現場でパソコンを活用!
コンピュータにも強い保育者を育てます

「情報教育入門」では、ビジネスソフトWordを使って"園だより"を作成。また「教育エ学演習Ⅰ」では、プレゼンテーションソフトPowerPointを活用して"電子紙芝居"の制作に取り組みます。さらに「教育工学演習Ⅱ」では、ブログやホームページづくりにも挑戦。保育現場で役立つ情報スキルを身につけます。指導にあたる佐野真一郎先生は、子育てママを応援するホームページ「WeCAN」の仕掛け人でもあります。興味のある人は覗いてみてくださいね。

研究したり発表したり
自分で考え、自分で学ぶ大学ならではの授業

セミナー科目 先生から教わるのではなく、学生自ら研究や創作を行い、みんなで学びあいながら進める、大学ならではの授業形式。2年間を通してセミナー科目を配置しています。

保育者のライフデザイン 保育者のキャリアデザイン Ⅰ 保育者のキャリアデザイン Ⅱ
高校時代とは異なる、大学ならではの学び方を習得します。また保育者に求められる正しい話し方や生活動作などを学びます。 大学祭で実施する子どものための遊びコーナーの企画制作や、こども未来館ここにこ出張公演を通じ、表現力やコミュニケーション能力を養います。 自ら発見したテーマにもとづいて研究を進め、論文や作品の形にまとめ上げます。論文集は、一生の宝物になるでしょう。

イベン卜づくり

学生が力を出し合って、つくりながら学んでいきます

幼児教育・保育科には、学生自身が力を出し合い協力しながらつくり上げるイベントがあります。大学に地域の子どもたちやその家族を招いたり、学生たちが地域に招かれたり出かけたりして、実施します。子どもたちと一緒に楽しむだけでなく、イベントづくりの過程を体験することで多くを学ぶことができます。

イベントづくりの目的
  • 人間関係をつくる

    多様な個性を持つ学生同士が協力しながらものづくりを進める中で、コミュニケーション能力やリーダーシップなどを身につけます。

  • 自主性を養う

    教員の指示に従うのではなく、学生自身が企画・制作・運営を行うことで、自主性を養うことができます。

  • 地域とふれあう

    幼稚園・保育所をはじめ、イべント会場で子どもたちと直接ふれ合ったり、親子関係のあり方などを観察したりできます。

  • 学習内容を統合する

    授業を通じて身につけた音楽・美術・体育などの表現力やパソコンスキルなどを活用することで、より深く学ぶことができます。

「こども未来館ここにこ」への出張公演

「保育者のキャリアデザイン Ⅰ」では、学びの集大成として「こども未来館ここにこ」や地域の保育園、幼稚園、こども園でオペレッタ公演活動や親子ふれあい遊びなどを実施します。学生は、教員の助言や指導を受けながら企画や演目をつくり上げていきます。子どもたちの笑顔とともに公演した体験は、学生たちに大きな喜びと自信を与えてくれます。

青い空コンサート

2年生による発表会で、短大で学んだ成果の集大成となるステージイベントです。演目は、合唱、楽器演奏、そしてオペレッタ。中でもオペレッタは、シナリオ執筆から振り付け・衣装制作・舞台演出まですべて学生自身が行います。

子どもとふれあう機会がいっぱい!
例えば、こども未来館ここにこでの交流企画

保育実習・教育実習の他にも、子どもたちとふれあうチャンスが豊富にあることがこの学科の魅力です。オペレッタ公演や親子ふれあい遊び、手作り楽器遊びなどの交流企画を学外で発表しています。左の写真はオペレッタ「かさ地蔵」のひとコマ。体を動かし、大きな声を出して演じた体験は、今後の学びへの自信につながっています。

実習教育

個別に学んだ知識・技能を、保育現場で統合します

実習は、教室で学んだ内容を実際に使いながら学ぶ重要な機会。幼児教育・保育科では、幼稚園・保育所・児童養護施設などで、最長10週間の実習を行います。
1年次の実習は主として、先輩保育者と子どもとのかかわり方を見て学ぶことと、将来保育者になる自分の資質を自覚することが目的。
2年次はこれまで個別に学んできた知識や技能の意義を理解し、応用力を身につけるために行われます。
また、実習には卒業後の職業を明確に描くための「生きた社会勉強」という側面もあります。

実習スケジュール
春学期 秋学期
1年次
  • 保育実習 時期:12月/期間:2週間/実習先:保育所
  • 教育実習 時期:1-2月/期間:2週間/実習先:幼稚園
2年次 保育実習Ⅱ 時期:5-6月/期間:2週間/実習先:保育所
  • 施設実習 時期:8-9月/期間:1週間(宿泊または通所)
    実習先:児童養護施設等
  • 教育実習 時期:9-10月/期間:2週間/実習先:幼稚園
  • 保育実習Ⅲ(選択科目) 時期:2月/期間:10日程度
    実習先:児童養護施設等
保育実習

保育士資格の取得に必要な実習です。
2年間で、保育所での実習2回、児童養護施設などでの宿泊(または通所)実習1回が必修となっています。
さらに希望者は2年次の冬にも実習のチャンスがあります。

教育実習

幼稚園教諭2種免許状の取得に必要な実習です。
教室で学んだ知識や技能を幼稚園という場で統合するねらいがあり、1年次・2年次とも2週間の日程で行います。

実習メッセージ
子どもたちと時間を過ごすことでいろんな学びや発見があります。

幼児教育・保育科 2年 山田 梨緒さん

実習では、絵本や紙芝居を読んだり、手遊びをしたり、子どもたちと時間を過ごすことで、いろんな学びや発見がありました。大学で学んだ基礎を応用するとともに、園の先生たちがどのように接し、どのように声をかけているのかをよく観察し、実践するようにしていました。何かトラブルがあったときも、慌てずに、まず子どもを安心させ、正しい処置をするよう先生の姿を見て学んでいたので、その場になっても落ち着いて行動することができました。少しずつ実習に慣れてきた頃、担当するクラスの子どもたちが、私の名前を呼んで元気にあいさつしてくれたときはうれしかったですね。この実習を通して、安全に生活できる環境を整えること、一人ひとりの成長過程にあわせて見守ることが大切だと実感しました。将来は、子どもとかかわる仕事に就いて、子どもたちの記憶に残るような保育者になりたいと思っています。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。