教員紹介

教員(専任ならびに非常勤)と専門研究分野

さまざまな専門的知識を持つ教員が、年次入学定員6名の院生を指導しています。
研究指導教員の指導を受けながら研究を進め、修士論文の完成と学位〔修士(健康科学)〕修得を目指します。

研究科長
教授
後藤 勝正 研究室サイト
  • 健康科学特論Ⅰ
  • 生体機能学特論
  • 適応生理学論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
研究領域:
骨格筋可塑性制御(筋肥大ならびに筋萎縮予防)、骨格筋生理学、サルコペニア・ロコモティブシンドローム、運動生理学、 宇宙医学
主な研究テーマ:
骨格筋可塑性発現機構の解明、組織幹細胞による再生機構の解明、全身糖脂質代謝改善策、サルコペニア・ロコモティブシン ドロームの分子機構解明とその対策
キーワード:
骨格筋、筋衛星細胞、温熱刺激、ストレス応答、細胞内シグナル、遺伝子発現、老化、 サルコペニア、ロコモティブシンドローム

詳細ページ

教授 金井 章
  • 健康科学特論Ⅰ
  • 研究論
  • 病態運動学論
  • 運動機能解析学特論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
研究領域:
筋骨格系バイオメカニクス、理学療法学
主な研究テーマ:
ヒトの動作とその障がいを筋骨格系バイオメカニクスに基づいて研究する。
キーワード:
バイオメカニクス、歩行、関節ストレス、股関節、筋張力

詳細ページ

教授 清水和彦
  • 健康科学特論Ⅱ
  • 研究論
  • 障害回復支援理学療法論
  • 理学療法学教育論
  • 老年期地域健康支援論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
  • 終末期リハビリテーション特論
研究領域:
理学療法評価学、理学療法教育学、終末期リハビリテーション
主な研究テーマ:
多変量解析を利用した急性期から終末期にわたる理学療法の効果判定方法の確立
終末期リハビリテーションで行う療法士・介護関係職種の係り方とその効果判定の確立
キーワード:
理学療法学、行動計量学、効果判定 終末期リハビリテーション
教授 宮原英夫
  • 医療統計論
  • 障害回復支援
    理学療法論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
  • 研究論
研究領域:
医学データ、特に多変量データの計量的処理、心電図自動診断
主な研究テーマ:
身体障害度の評価尺度、臨床検査データの基準値の決定、不整脈の自動診断
キーワード:
医学統計、多変量解析、計量診断
教授 大島弓子
  • 健康科学特論Ⅱ
  • 看護倫理論
  • 看護理論
  • 実践看護基礎学特論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
研究領域:
看護学領域
主な研究テーマ:
看護倫理に関する諸課題への検討(倫理的なジレンマと意思決定支援、インフォームドコンセントとアドボカシーの実践への課題など)、看護理論の実践への活用(ロイモデルを概念枠組みとした看護実践研究など)、看護診断を含む臨床判断(有効な看護過程展開、看護診断の妥当性、組織における臨床判断のシステム構築など)
キーワード:
看護倫理、倫理的意思決定、看護理論、ロイモデル、看護過程、看護診断、臨床判断
教授 土屋紀子
  • 健康科学特論Ⅱ
  • コミュニティヘルスケア特論
  • 研究論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
研究領域:
コミュニティヘルスプロモーション (公衆衛生看護学)
主な研究テーマ:
地域住民へのヘルスプロモーション: 尿失禁予防の実践、 自分史から読み解く健康生成
キーワード:
ヘルスプロモーション:女性の尿失禁、中高年の健康づくり、自分史と健康生成

詳細ページ

教授 蒔田寛子
  • 健康科学特論Ⅱ
  • 在宅・家族看護学特論
  • 健康科学特別研究Ⅰ
  • 健康科学特別研究Ⅱ
  • 健康科学特別研究Ⅲ
研究領域:
在宅看護学 家族看護学
主な研究テーマ:
独居高齢者の在宅療養支援に関する研究 終末期患者の在宅療養支援に関する研究 在宅療養支援における多職種連携に関す る研究
キーワード:
独居療養者、高齢者、在宅ターミナル、訪問看護、多職種連携
教授 加藤知佳子
  • 対人コミュニケーション論
研究領域:
心理学、脳機能計測
主な研究テーマ:
ヒト刺激に対する反応特性と脳内過程およびそれらの性差について
キーワード:
対人コミュニケーション、対人認知、顔・視線情報処理

詳細ページ

教授 小竹伴照
  • 障害回復支援
    理学療法論
研究領域:
リハビリテーション医学(中枢神経疾患、骨・関節疾患)
主な研究テーマ:
医療連携(急性期・回復期・維持期のリハビリテーション医療連携に関する研究)、回復期リハビリテーション(より効果性 の高い回復期リハビリテーション医療に関する研究)
キーワード:
医療連携、回復期リハビリテーション

詳細ページ

教授 中川博文
  • 医療統計論
研究領域:
リハビリテーション工学、生体力学(バイオメカニクス)
主な研究テーマ:
障がい者・高齢者等の姿勢調節・運動機能評価に対する生体力学的研究および工学技術支援に関する研究
キーワード:
生体力学、姿勢調節、運動機能、接触圧分布、転倒問題、発達評価、工学技術支援

詳細ページ

教授 肥田岳彦
  • 生体構造論
研究領域:
肉眼解剖学、神経解剖学
主な研究テーマ:
摂食・嚥下に関与する骨格筋の機能解剖学
高次機能障害における神経分泌タンパクの動態
キーワード:
摂食・嚥下、骨格筋、酵素組織化学、脳・脊髄、神経分泌
准教授 永井邦芳
  • コンサルテーション論
研究領域:
精神看護学
主な研究テーマ:
医療専門職者の感情管理に関する研究 精神障がい者への地域移行支援
キーワード:
感情管理、感情労働、精神障がい者、スティグマ
カリキュラム:
コンサルテーションに関連する理論や概念、具体的援助方法について学修します。
非常勤
講師
冨田秀仁
  • 障害回復支援
    理学療法論
研究領域:
随意運動時の予測的姿勢制御
主な研究テーマ:
理学療法対象疾患における予測的姿勢制御障害の解明と理学療法アプローチの構築
キーワード:
予測的姿勢制御、動作筋電図、三次元動作解析、足圧中心

詳細ページ

非常勤
講師
牧田光代
  • 研究論
研究領域:
地域理学療法、地域連携
主な研究テーマ:
高齢障害者への運動療法および地域連携に基づくリハビリテーションシステムに係る課題
キーワード:
高齢者、介護予防、健康維持、社会参加

詳細ページ

非常勤
講師
神田 直
  • 健康科学特論Ⅰ
  • 障害回復支援
    理学療法論
研究領域:
脳卒中、神経内科学
主な研究テーマ:
脳卒中の病態生理、機能予後、患者および介護者のQOL
キーワード:
脳血管疾患、機能予後

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。