卒業後の進路・就職支援

就職実績

大学で学んだすべてを社会で活かそう

地域の企業を中心に幅広い分野に就職!
満足度の高い就職サポート体制

⇒ 就職状況ページへ

取得を目指す資格

  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験
  • CompTIA IT Fundamentals ※1
  • オラクルマスター(Bronze/Silver) ※2
  • シスコ技術者認定資格(CCENT/CCNA/CCNP)※3
  • 日商簿記検定
  • CGクリエイター検定
  • CGエンジニア検定
  • マルチメディア検定
  • 税理士

ITの活用に必要な知識とスキルを認定する資格。
PCやスマートフォン、タブレットなどのハードウェア、ネットワーク、セキュリティ等の基本的なITリテラシーに関するスキルを 評価します。

SEをめざすならぜひ取得したいデータベース技術の資格。Bronzeは基礎資格、Silverはその上位資格。

ネットワーク技術者やネットワークに強いSEをめざす人にお勧めの資格。CCENTはエントリーレベル、CCNAは基礎資格(アソシエイトレベル)、CCNPはその上位資格。

期待される進路

  • 金融業(銀行・証券・保険など)
  • 流通業(GMS・CVSほか)
  • 外食産業をはじめとする各種サービス業
  • ICT関連産業(ISP、携帯電話キャリア、システム開発会社など)
  • 会計事務所(税理士)
  • 起業家・事業後継者
  • 大学院への進学
  • その他あらゆる企業の営業・販売・マーケティング・経理などの部門
大学院 経営情報学研究科 起業・経営情報専攻(修士課程)学
プラス2年間の学びで革新的思考力や情報活用力を。

起業家マインドを備え、これを実現しうる能力を身につけたビジネス人材の育成をめざす大学院です。新たにスタートする経営学部と学問領域がリンクしていることに加え、現実のビジネスを題材にしたケーススタディを多用するなど教育手法の面でも、学部教育からのスムーズな移行が可能です。社会で役立つ革新的思考力や高度な情報活用能力を身につけたい人に、また税理士・公認会計士といった高度専門職をめざす人にも最適な学びを提供Lます。

税理士国家試験の会計科目が一部免除

税理士国家試験は、会計科目(2科目必修)と税法科目(7科目中3科目選択必修)で行われます。会計2科目のうち1科目に合格し、本大学院にて修士論文が単位認定されると、国税庁への申請により残りの会計1科目の受験が免除されます。

卒業生メッセージ

地元の企業でたくさんの卒業生が活躍しています

日々、進化を続ける
携帯電話業界で、
皆様に愛される店づくりをめざして。

(株)エーアイエー ドコモショップ豊橋店 経営情報学部 経営情報学科
(現 経営学部 経営学科)
2007年3月卒業 大羽 良尚さん

生活に必要不可欠な携帯電話を扱う仕事がしたい。そう思って現在の会社に入社を決めました。常に新しい機種や新サービスが導入され、日々覚えなければならないことばかりですが、お客様に「ありがとう」と言っていただけたり、スタッフに頼りにしてもらえることが原動力になっています。現在は接客だけでなく、収益管理や企画立案、採用活動なども担当。地域のニーズに沿った提案・営業を心がけています。目標は、豊橋を代表するような店づくり。感謝の気持ちとチャレンジ精神を大切に、お客様はもちろん、スタッフからも愛されるショップをめざしています。

24時間稼働する
Webシステムを保守。
地域の安心に貢献しています。

(株)中電シーティーアイ 経営情報学部 メディア・ネットワーク学科
(現 経営学部 経営学科)
2009年3月卒業 後藤 宏文さん

私の仕事は中部電力や関連企業のWebシステムの保守です。365日休むことのないシステムなので、常にアクセスログなどのデータから情報収集し分析・活用。トラブルを未然に防ぎ、安定運用を心がけています。中部電力のサイトでは電気の供給状況や停電情報から、電気料金のシミュレーションやお支払方法の変更まで、暮らしに直結した情報を提供しています。地域の暮らしや社会を支える一助となるかと思うと誇らしく思います。これからは保守の経験で磨いた力を礎に、システムのデザインや開発なども任されるように頑張りたいと思います。

アナログなコミュニケーションを大切にした仕事で、
生まれ育った豊橋の方々を笑顔にできたら。

(株)丸金商会 勤務 経営情報学部 経営情報学科
(現 経営学部 経営学科)
2002年3月卒業 竹内 稔晴さん

祖父が創業した会社で経理や人事、労務、企画などの総務全般を担当しています。仲間をサポートすることで、間接的にでも利益に貢献できることにやりがいを感じます。人と人とのかかわりが多い仕事のため、メールや電話よりも直接会って話すようにしたりと、コミュニケーションを大切にしています。私は名古屋の短大から豊橋創造大学へ編入学しました。もともと名古屋へのあこがれはあったものの、他の地域を知ったことと、改めて生まれ育った豊橋で学んだことで、やはり地元で働きたいという思いが強くなりました。多くの仲間と恩師に出会えたのは、大学で得た貴重な財産です。

生まれ育ち、学んだ豊橋だからできること。
大学生活を通して目標を見つけました。

豊橋信用金庫 勤務 経営学部 経営学科 2018年3月卒業 松本 英里香さん

信用金庫で、電話応対やデータ作成、経費処理、セミナーの受付などを担当しています。所属する事業支援部でイベントを開催する際は、準備や当日の業務などが大変ですが、任された仕事をスムーズに終えられると大きな達成感を得られて楽しいです。今後はさらに勉強を重ね、事業支援部の一員として成長していくことが目標です。私は豊橋創造大学で金融関係の知識を学んだことで、金融を通して地域の方のお手伝いがしたいと思うようになりました。将来やりたい仕事が具体的ではない人も、4年間の大学生活できっと目標が見つかるはずです。自分を信じて頑張ってくださいね。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。