Q&A

入試関連

奨学生入試の調査書審査の内容は?
まず、各自の評定平均値を2倍し(最大10点)、さらに各種試験・検定・資格、生徒会役員・学級委員等の経歴、部長歴、部活歴、部活の入賞歴、皆勤又はそれに準ずる出席、ボランティア活動歴、表彰歴等に該当があれば加点(最大20点)します。
※調査書に記載された各種資格、表彰歴等加点いたします。

奨学生入試についてはこちら

キャリアプランニング科
奨学生入試の調査書審査は資格があると有利なのですか?
下記の事例を参考にしてください。

Aさん

評定平均値 3.2×2=6.4点
全商簿記検定2級取得 2点
全商ワープロ検定3級取得 2点
合計 合計10.4点/30点

Bさん

評定平均値 3.8×2=7.6点
3年間欠席6日以内 3点
部活動3年間 2点
合計 合計12.6点/30点
このように、資格だけでなく部活動や生徒会活動ほかの課外活動、出席状況など、一人ひとりの長所や努力・実績を幅広く評価するのがこの調査書審査の特色です。

奨学生入試についてはこちら

キャリアプランニング科
小論文の傾向と対策は?
本学では文章の「うまさ」よりも、文章の「内容」を重視します。つまり受験生の「自分なりの考え・意見」が主に評価の対象となります。基本的な文書表現を復習するとともに、普段自分たちにとっては何でもないと思われることでも、他社の目にはどのように映っているのだろうか、また、自分の意見を他人に納得してもらうために上手に説明できるだろうか、などといったことを考える習慣を身につけましょう。
一般入試の学力試験の出題傾向は?
教科書の基礎・基本事項を重視した内容ですので、得意な科目の教科書をしっかりと復習し、知識・理解をより正確なものにしておくのが良いでしょう。

一般入試についてはこちら

一般入試の学力試験で科目間の得点格差が生じた場合、調整はするのですか?
著しい格差が生じた場合のみ標準偏差等の数値をもとに調整します。

一般入試についてはこちら

願書提出後、受験方式や受験会場の変更はできますか?
いいえ、できません。願書提出前にそれぞれの試験の内容や受験会場をよく考えて慎重に決めてください。
地方会場で受験すると、不利にならないのでしょうか?
不利になることはありません。どの会場も本学と同一の問題で実施していますので有利、不利は全くありません。ゆとりを持って行ける試験会場で受験することをお勧めします。
地方入試会場についてはこちら
AO入試でのエントリーの方法はどのようにするのですか?
まずエントリーシートを記入し、それが書けたらエントリー期間内に本学入試センターへ直接電話するか、オープンキャンパスや進学相談会の本学ブースにて提出してください。後日、事前面談日の日時をお知らせします。

AO入試についてはこちら

推薦入試と一般入試は併願できますか?
推薦入試は、専願制と併願制があります。従いまして、併願制区分での出願の際は、併願できます。また、推薦入試で残念ながら不合格であった場合は、一般入試での再チャレンジも出来ます。

推薦入試についてはこちら

入学願書等の資料請求はどのようにすればいいですか?
本学入試センターへ直接お申込みいただくか、ホームページの資料請求画面よりお申しでいただくことも出来ます。また、受験雑誌などの請求ハガキを利用することも出来ます。
資料請求はこちら
年齢の高い者や浪人生は不利ですか?
年齢や性別による有利不利は、決してありません。
身体に障害のある場合の受験について教えてください。
まずは入試センターへお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら
高等学校での活動実績や資格などはどのように評価されますか?
入試区分によっては、調査書を点数化して評価しています。その際は、部活動などの活動実績や取得資格などを積極的に評価しています。
受験する学科は、出願後に変更することはできますか。
できません。
入試の合否結果の通知と問い合わせは?
合否結果は、発表当日に本人及び出身学校宛に郵送(速達)で通知します。なお、出身学校への通知に同意を得られない場合は、出願締切日までに入試センターへご連絡ください。なお、電話によるお問い合わせには応じていません。
補欠合格・追加合格はありますか。
毎年の入試状況に応じて判断しています。
入学する時期は4月だけですか。
4月入学のみです。
奨学金について教えてください。
本学には、学業成績優秀な学生を対象とした奨学金制度があります。その対象者については、毎年、前年度の学業成績を参考にして選考しています。
スカラシップ制度についてはこちら
授業料免除申請にはどのような書類が必要ですか?
本学には、家計の急変等により学納金の納付が困難な学生に対する授業料減免制度があります。その申請の際には、その事由を証明する書類の提出が必要となります。詳しくは、学生課にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら
オープンキャンパスに参加したいのですが、どのような手続きをとればいいですか?
特に事前申込みをいただかなくても参加できます。最新情報は随時こちらのページでお知らせしています。
オープンキャンパス以外でもキャンパスの見学はできますか?
大学開講日であれば、事前にご連絡いただければ、見学できます。お気軽にお申し出下さい。
お問い合わせはこちら
一般入試の学力試験の選択方法・形式は?
英語以外の科目は、当日問題を見て選択できます。また、形式はすべてマーク式です。

一般入試についてはこちら

一般入試前期と後期の両方を受験する場合、調査書は2通必要ですか?
1通で結構です。入試区分ごとに必要になりますので1通でOKです。

一般入試についてはこちら

入学検定料・出願モデル
アクティブ入試とAO入試の違いは何ですか?
AO入試は、アドミッションポリシーに基づき、受験生と大学との双方の話し合い(面談)によって審査を進めていく入試ですが、アクティブ入試は、受験生自身の積極性や行動力を前面にアピールし、それに基づき大学が理学療法士としての適性等を審査するという入試です。したがって「理学療法士になりたい!」という誰にも負けない強い意志を持っている方におすすめの入試といえます。
アクティブ入試についてはこちら
アクティブ入試の学内審査のポイントは?
大きく3つあります。
  • 1. 理学療法士の働いている職場・場面を見学し、仕事の内容を十分に理解しているか。
  • 2. リハビリテーションの中で対象者の「動き」に介入することになるため、人間の体の仕組みや働きに興味を持っているか。
  • 3. 日常生活の場面やスポーツ等で故障を出さないための予防方法に興味を持っているか。
これらについて「アクティブシート」の中で十分にアピールできているかが審査のポイントとなります。
アクティブ入試についてはこちら
アクティブ入試の面接の内容は?
面接では、集団討論や模擬授業の参加度をみたりして評価する予定です。当日は上履きおよび着替えが必要な場合もありますので、別途こちらから指示します。
アクティブ入試についてはこちら
短期大学部のの推薦入試一期の基礎教養テスト(100点)、一般入試の学力試験の形式は?
形式はすべてマーク式です。

推薦入試についてはこちら

一般入試についてはこちら

キャンパスライフ関連

他の学生と交流する場や機会はありますか?
学生会は、大学と短大合同で組織されており、大学行事については、大学と短大が合同で実施しています。
大学へはどのような交通手段がありますか?
豊橋駅前バス5番乗り場より豊鉄バスが運行しています。乗車約15分。「豊橋創造大学正門」または「創造大東」バス停下車徒歩すぐ。また、約400台収容の学生用駐車場も完備しています。
交通アクセスについてはこちら
どんなサークルがありますか?
軽音楽部、サッカー部、テニスサークルなど約20のサークルが活動しています。
サークルについてはこちら
アルバイトは大学で紹介してもらえますか?
学業に支障のないアルバイト求人について、一部掲示にて紹介しています。
家から通えないので下宿をしたいのですが、大学の周囲にはアパートなどはありますか?
毎年、学生向き物件を中心に編集した「下宿案内」を作成し、下宿を希望する学生に配布しています。

授業・学習関連

高校で苦手な科目があるのですが、大学の授業についていけますか?
入学前の入学準備学習や入学後の自由科目や補習等で、苦手科目克服の支援を行っています。また、授業の中で、必要に応じた指導を行う場合もあります。
企業での実習、インターンシップ制などを導入されていますが、その内容などについて教えてください。
大学では、約2週間のインターンシップを実施しています。短大は、約1週間の企業実務実習を実施しています。受入企業は、地元大手企業のほか、学生の希望も踏まえて毎年開拓しています。実習先では、先輩社員の指導のもと、大学で学んだことを実社会で体験しています。
どんな資格対策講座がありますか?
大原簿記専門学校豊橋創造大学教室との協力により、様々な講座を開設しています。
資格対策講座についてはこちら
学費はどのくらいかかりますか?
保健医療学部は1,505,000円、経営学部は年間1,035,000円、短期大学部は995,000円です。入学金は保健医療学部300,000円、経営学部・短期大学部は180,000円です。
学費についてはこちら
入学後、転学部・転学科はできますか。
転学部・転学科の制度がありますので、制度上は可能です。但し、転出先の在籍学生数等の都合により、受入枠が無い場合もあります。

就職・進学関連

卒業生の就職状況はどうですか?
在学中からキャリア教育に力を入れており、一人ひとりの適正にあった就職先を紹介しています。毎年、高い就職内定率を残しています。 就職サポートについてはこちら
就職のことも気になります。大学で就職活動を応援するイベントはありますか?
学内企業展を始めとして、女子メイク講座や適性検査など、多数イベントを実施しています。
就職サポートについてはこちら
入学する学科によって将来の就職先が限定されてしまうことはありますか?
本学には幅の広い複数の学科があり、この利点を生かして、本人が希望すれば、可能な限り本人の希望に沿った就職先の紹介を行っています。