平成30年度教員免許更新講習開催(予定)について

お知らせ

◎平成30年度 免許状更新講習の概要(予定)をお知らせします。

※現在、文部科学省へ認定申請中ですので、6月初旬までに正式にご案内いたします。
※認可前のため内容が変更になる場合があります。

★各自の修了確認期限はココをクリックしてご確認ください。

※個人の事情(延期している場合・従来の免許状に加えて新たに免許状を取得した場合等)により受講期間が異なることがあります。受講期間が不明な方は、免許管理者である都道府県教育委員会にお問い合わせください。

☆平成30年度免許状更新講習募集期間(予定)

6月18日(月)~6月29日(金)

※6月初旬までに近隣の幼稚園・保育園へ募集要項の発送を予定しております。
※平成30年度教員免許更新講習についてはWEB申込のみの受付となります。

☆WEB申込の注意点について

Web申込に関して、以下の注意事項を必ずご覧ください

1.
WEBによる先着順の予約となります。
2.
同じ講習名の複数受講は不可となります。
3.
WEB申込後プリントアウトした受講申込書・受講票は、予約後に必ず送付してください(2週間以内必着)

これを過ぎると予約が完了していないため予約が取消になります。

☆平成30年度免許状更新講習実施予定日

夏期開催(本学開催)

※実施時間 全日程9:00~16:20

  • 8/2(木)
    免許状更新講習 (必修科目「新たな時代の幼児教育を知る」)
  • 8/3(金)
    免許状更新講習 (選択必修科目「幼児教育の最新の動向と課題」)
  • 8/17(金)
    免許状更新講習 (選択科目「障害をもつ子の個別支援と支援計画」)
  • 8/17(金)
    免許状更新講習 (選択科目「保育者に必要な情報リテラシー」)
  • 8/17(金)
    免許状更新講習 (選択科目「子どもの表現力を高める音楽活動を考える」)
  • 8/20(月)
    免許状更新講習 (選択科目「障害をもつ子の個別指導と支援計画」)
  • 8/20(月)
    免許状更新講習 (選択科目「意欲的に取り組む運動あそび」)
  • 8/20(月)
    免許状更新講習 (選択科目「子どもの造形と学び」)
  • 8/21(火)
    免許状更新講習 (選択科目「子どもの健康と安全」)
  • 8/21(火)
    免許状更新講習 (選択科目「保護者支援」)
冬期開催(本学開催)
  • 12/8(土)
    免許状更新講習 (選択科目「保育者に必要な情報リテラシー」) ※8/17(金)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/8(土)
    免許状更新講習 (選択科目「子どもの造形と学び」) ※8/20(月)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/8(土)
    免許状更新講習 (選択科目「子どものコミュニケーション能力を育む①」)
  • 12/9(日)
    免許状更新講習 (選択科目「障害をもつ子の個別指導と支援計画」) ※8/20(月)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/9(日) 
    免許状更新講習 (選択科目「子どものコミュニケーション能力を育む②」)
  • 12/15(土)
    免許状更新講習 (選択科目「食育を考える」)本学開催 ※8/17(金)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/15(土)
    免許状更新講習 (選択科目「幼児教育者のための英語」)
  • 12/16(日)
    免許状更新講習 (選択科目「子どもの健康と安全」) ※8/21(火)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/16(日)
    免許状更新講習 (選択科目「意欲的に取り組む運動あそび」) ※8/20(月)と同様の内容のため、夏期受講者は受講できません。
  • 12/16(日)
    免許状更新講習 (選択科目「幼稚園教諭のための国語表現法」)

☆募集人員

必修講習150名、選択必修講習150名、 夏期開催:選択講習各40名、冬期開催:選択講習30名もしくは40名(※夏期・冬期開催「障害もつ子の個別指導と支援計画」80名)

☆受講料

1講座6,000円。5講座全て受講した場合30,000円

☆主な受講対象者

平成30年度の本学講習の受講対象者は、幼稚園教諭免許状を有する者で、以下の(1)~(12)に該当する者のうち、平成31年3月31日及び平成32年3月31日に最初の有効期限を迎える方を主な対象者としています。

(1)
現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2)
実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3)
教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
(4)
(3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5)
文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6)
上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
(7)
教員採用内定者
(8)
教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
(9)
過去に教員として勤務した経験のある者
(10)
認定こども園で勤務する保育士
(11)
認可保育所で勤務する保育士
(12)
幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士
平成31年3月31日に最初の修了確認期限を迎える方
生年月日 (平成31年3月31日時点現在の満年齢) 昭和38年4月2日〜昭和39年4月1日
昭和48年4月2日〜昭和49年4月1日
昭和58年4月2日〜昭和59年4月1日
平成32年3月31日に最初の修了確認期限を迎える方
生年月日 (平成32年3月31日時点現在の満年齢) 昭和39年4月2日〜昭和40年4月1日
昭和49年4月2日〜昭和50年4月1日
昭和59年4月2日〜

☆免許状更新講習終了後の手続きについて

免許状更新講習終了後,勤務する学校が所在する都道府県の教育委員会(現職教員でない方は居住地の教育委員会)に,修了確認申請締切日までに,修了証明書 又は、30時間以上の履修証明書を添付して各自で免許状更新講習修了確認申請を行ってください。

申請の詳細については,各教育委員会のホームページ等でご確認ください。

☆教員免許更新制とは

教員免許更新制は,その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう,定期的に最新の知識技能を身に付けることで,教員が自信と誇りを持って教壇に立ち,社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。
●平成21年4月1日以降に授与される教員免許状の有効期限は10年です。
●平成21年3月31日以前の免許状取得者にも,更新制の基本的な枠組みが適用されます。
●修了確認期限(有効期限)満了前の2年間に30時間以上の更新講習を受講することが必要になります。
(例)必修領域6時間×1講習 選択必修領域6時間×1講習 選択領域6時間×3講習  合計30時間
(以下は、文部科学省のホームページ)

教員免許更新制とは?

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。