大学院健康科学研究科では遠隔授業を導入します

 「大学院に入学して勉強・研究しようと思うけど、仕事の関係で通学するのが難しい」ということで本学大学院への入学を断念する方に朗報です。豊橋創造大学大学院健康科学研究科では、平成27年度より、インターネットを利用したテレビ会議システムを活用し、遠隔地からでも授業に参加できる「遠隔授業」を導入します*。

遠隔授業とは
 遠隔地にいながら、双方向かつリアルタイムに参加する授業のことです。インターネットに接続できる環境で、Webブラウザを利用できる端末(PCやタブレット、スマートフォン)を介して、世界中どこからでも授業に参加できます。テレビ会議システムを利用しますので、もちろん双方向リアルタイムでの参加となります。自宅や職場にいながら、本学で実施されている授業に参加し、講義室内で行われている授業中のやり取りを見聞きすることができますし、気になったことはリアルタイムに質問することもできます。また、パワーポイントをはじめとする授業中に提示される資料を自分の端末に表示することもできますし、自分が作成した資料を講義室の教員や学生に提示することも可能です。


*一部科目で平成26年度より導入予定。
注)遠隔授業が導入された科目であっても、実施されるすべての授業を遠隔地で受講することはできませんので、ご注意ください。また、開講される授業の中には遠隔授業では受講できない授業が含まれています。従いまして、一度も通学せずに単位を取得することはできません。詳細はお問い合わせください。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。