【重要】新型インフルエンザ発生への対応について(第8報)

平成21年10月23日

学生・教職員の皆様へ

  • 豊橋創造大学大学院
  • 豊橋創造大学          学長
  • 豊橋創造大学短期大学部

【新型インフルエンザ発生への対応について(第8報) 】

 新型インフルエンザの感染状況は流行期に入り、愛知県では多くの感染者が発症しています。新型インフルエンザは日々変化するとともに国の「新型インフルエンザに関する対応について」(第15 報)も改定されました。
 今後、新型インフルエンザの感染等の変化に伴い、対応方針を変更する場合がありますので、引き続き今後の動向に十分に注意してください。

1. 感染者(家族等)と濃厚接触した場合(変更)

(1) 本人に新型(A型)インフルエンザ様症状等が無い場合は出校を可とする。ただし次のことを励行する。

  • 4日間は毎朝検温し出校する。
  • 外出時は手洗い・うがいの励行と必ずマスクを着用する。

(2) 4日間の経過中に発熱・咳・咽頭痛・頭痛等の新型インフルエンザ様症状が出た場合は、医療機関で受診し、医師の指示に従う。「新型(A型)インフルエンザ」(疑いを含む)との診断がされた場合は、速やかに学生は学生課、教職員は庶務課に連絡をする。
 なお、医師から治癒証明書が発行され出校する場合は、その旨を大学に連絡をし、2日間は手洗い・うがいの励行と必ずマスクを着用する。

(3) 出校後、速やかに医師の「診断書」と「治癒証明書」を学生は学生課、教職員は庶務課に提出をする。

2. 新型インフルエンザ感染の兆候が見られる場合(第7報で連絡済)

(1) 発熱や咳、咽頭痛等の症状があった場合は、無理をせず、出校を控え、早めに医療機関で受診する。
 医療機関で「新型インフルエンザA型」(疑いを含む)と診断された場合は、出校を自粛し電話又はメールで学生課まで速やかに連絡する。

(2) 各クラス、ゼミ、サークル等において、発熱や咳、咽頭痛等の症状があった場合には、速やかに保健室に移動し健康状態を確認する。
 インフルエンザ感染が疑われる場合は下校し、医療機関に受診するなどの必要な措置を講じ、学生は健康管理に万全を期す。

(3) 「手洗い」、「うがい」、「咳エチケット」を励行する。

3. 大学への連絡先

総務部庶務課 Tel 050-2017-2101
教学部教務課 Tel 050-2017-2102  Mail: kyoumu@sozo.ac.jp
教学部学生課 Tel 050-2017-2103  Mail: jimgakusei@sozo.ac.jp

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。