教員データブック※印刷の際はWEBブラウザGoogle Chromeの使用を推奨しています。

今井 正文

2022年度

学短
大学
所属
経営学科
職名
教授
氏名
今井 正文 (IMAI Masafumi)
研究分野
情報学 / ソフトコンピューティング / ニューラルネットワーク、遺伝アルゴリズム、ファジィ理論、カオス、複雑系
社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム / 経営システム工学
情報学 / ソフトウェア / 並列・分散処理
研究内容キーワード
ソフトコンピューティング、カオス理論、経営システム工学、分散・並列処理
主な学位・資格
博士(工学)(東京都立科学技術大学)
第一種情報処理技術者(通産省)
CompTIA A+, Cloud+, Network+(CompTIA)
CCAI(CCNA、CCNP、シスコネットワーク技術者)
AWS Cloud Practitioner, Academy Accredited Educator(AWS認定)
担当経験のある科目
専門ゼミナール1~4(豊橋創造大学)
基礎ゼミナール2(豊橋創造大学)
情報ネットワーク論1・演習1(豊橋創造大学)
情報ネットワーク論2・演習2(豊橋創造大学)
ICTと現代社会(豊橋創造大学)
プロジェクト実習1・2(豊橋創造大学)
データベース論基礎・演習基礎(豊橋創造大学)
ネットワーク構築(豊橋創造大学)
職業研究(豊橋創造大学)
経営システム入門(豊橋創造大学)
特別研究1・2(豊橋創造大学大学院)
ネットワークシステム特論1・2(豊橋創造大学大学院)
ディシジョンメイキング特論(豊橋創造大学大学院)
経営システム工学特論(豊橋創造大学大学院)
信頼性工学(豊橋技術科学大学)
経営システム工学(豊橋技術科学大学)
主な研究業績
「21世紀の経営システム」 日本経営システム学会編
(担当:共著、範囲:第11章「複雑系システムにおける遺伝的アルゴリズムの適用について?システムの自己組織化を中心として」を担当  pp.pp.227-244)東方出版  2001年6月

「経営システム学への招待」 日本経営システム学会編
(担当:共著、範囲:第11章4節を担当  pp.pp.259-263)日本評論社  2011年12月

「ものづくりに役立つ経営工学の事典-180の知識一」 日本経営工学会編
(担当:分担執筆、範囲:10 情報技術【ネットワーク】10.13 コンピュータネットワークComputer networkを担当  pp.pp.348-349)朝倉書店  2014年1月

「SCMハンドブック」 日本ロジスティクスシステム学会監修
(担当:分担執筆、範囲:第III編 基本科学編 第15章 実験計画法を担当  pp.pp.1097-1116)共立出版  2018年3月

「自律主体システムにおける自己組織化」 今井正文、清水静江、西川智登
日本経営システム学会誌 (15No.1) pp.19-24 1998年8月

「ヒューリスティックモデルを自律主体システムに適用した自己組織化現象について」 今井正文、清水静江、西川智登
日本経営システム学会誌 (16No.1) pp.25-31 1999年8月

「A study on reconstitution in the forecasting of the insufficient chaotic time series data and application of GA ?Neuro system to the data」 Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information) (Vol.1No.No.1) pp.27-38 2004年0月

「A Study on Encoding Method of the GA-Neuro System in the Forecasting」 Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information) (Vol.2No.No.1) pp.21-26 2005年3月

「Consideration Concerning Application of Ant-System in Path Planning Problem」 Masafumi IMAI
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information) (Vol.3No.No.1) pp.9-16 2007年7月

「The consideration on the application of Ant System in large-scale TSP(査読付き論文)」 Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA, Takayuki NAKAJIMA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information) (Vol.5) pp.1-10 2008年0月

「Consideration on the apllication of the GA-neural network system to the forecasting chaotic time series data」 今井正文、西川智登
International Management systems Conference pp.115-122 2003年8月

「The report on developing a prototype system of interactive multi-language stories for children and their preference of its interface」 pp.827-832 2017年10月

「Developing Handheld and Lower-Cost Eye-tracking System for Smart Devices Using Gaming Eye Tracker」 pp.1-5 2017年11月
所属学会
CIEC(コンピュータ利用教育学会) , 日本経営システム学会 , 日本知能情報ファジィ学会 , 日本ロジスティクスシステム学会 , システム制御情報学会
受賞歴
1997年5月 日本経営システム学会 論文奨励賞
researchmap
https://researchmap.jp/mimai/
研究紹介
研究テーマは、経営システム工学、カオス理論、ソフトコンピューティング、分散コンピューティング等です。株価や外国為替はカオス性を持ちますので、これらのデータ予測にはソフトコンピューティングの中でもAIと呼ばれるニューラルネット等を用いて学習・予測することになります。ニューラルネットは大規模な計算が必要になるので、この問題には分散コンピューティングによって対応します。
また、「自律主体システムにおける自己組織化」というテーマもあります。自律主体システムとはif-thenルールを持った自律的に行動する構成要素の集団のことで、例えていうなら、コンピュータの中に住むアリの集団のようなものです。このアリの集団として持つ活動特性等を研究しています。例えば、アリのような特性を持ったロボットは低価格であり、これらを多数、同時に利用することによって何らかの機能的な行動が可能であり、今までとは異なった環境に適用できるようになります。
他にも、子供向けの授業で用いるプログラミング・モデルとリンクした大人向けの授業の提案や小中学生向けビジュアルプログラミング等に関する調査・研究を行っています。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP