教員データブック※印刷の際はWEBブラウザGoogle Chromeの使用を推奨しています。

柳田 賴英

2022年度

学短
大学
所属
理学療法学科
職名
助教
氏名
柳田 賴英 (YANAGITA Yorihide)
研究分野
ライフサイエンス/リハビリテーション科学
ライフサイエンス/呼吸器内科学
ライフサイエンス/呼吸器外科学
研究内容キーワード
理学療法・リハビリテーション学、臨床呼吸器学、肺外科
主な学位・資格
博士(医学)(長崎大学)
担当経験のある科目
基礎ゼミナールⅠ(豊橋創造大学)
基礎ゼミナールⅡ(豊橋創造大学)
基礎ゼミナールⅢ(豊橋創造大学)
内科系理学療法評価学(豊橋創造大学)
内科系理学療法評価学実習(豊橋創造大学)
内科系障害理学療法学(豊橋創造大学)
内科系障害理学療法学実習(豊橋創造大学)
理学療法基礎治療学実習Ⅰ(豊橋創造大学)
理学療法基礎治療学実習Ⅱ(豊橋創造大学)
理学療法技術論実習(豊橋創造大学)
内部障害系理学療法治療学(聖隷クリストファー大学)
リハビリテーション看護学(長崎市医師会看護学校)
主な研究業績
・Short-Physical Performance Battery (SPPB) score is associated with postoperative pulmonary complications in elderly patients undergoing lung resection surgery: A prospective multicenter cohort study
Masatoshi Hanada, Kota Yamauchi, Shinjiro Miyazaki, Yohei Oyama, Yorihide Yanagita, Shuntaro Sato, Takuro Miyazaki, Takeshi Nagayasu, Ryo Kozu. Chronic Respiratory Disease 17 147997312096184-147997312096184 2020年1月1日
・Geriatric Nutritional Risk Index, a predictive assessment tool, for postoperative complications after abdominal surgery: A prospective multicenter cohort study.
Masatoshi Hanada, Kouta Yamauchi, Shinjiro Miyazaki, Jun Hirasawa, Yohei Oyama, Yorihide Yanagita, Hideaki Takahata, Ryo Kozu. Geriatrics & gerontology international 19(9) 924-929 2019年9月
・胸部外科手術後のPeak cough flowとMaximum phonation timeの関係
大曲 正樹, 有薗 信一, 俵 祐一, 柳田 頼英, 町口 輝, 高塚 俊行, 丹羽 宏, 棚橋 雅幸, 片桐 伯真, 大城 昌平. リハビリテーション科学ジャーナル 14 1-11 2019年3月
・【非侵襲的呼吸管理の実践講座-酸素療法からハイフロー,NIVまで症例で学ぶ】その他 急性呼吸不全時のリハビリテーション リハビリを進めるための呼吸管理法は?
有薗 信一, 大曲 正樹, 柳田 頼英. 呼吸器ジャーナル 67(1) 140-149 2019年2月
・【低栄養/摂食嚥下機能障害と理学療法】周術期患者の栄養障害と摂食嚥下機能障害への配慮
柳田 頼英, 森脇 元希, 神津 玲. 理学療法ジャーナル 52(2) 123-130 2018年2月
・大腿骨近位部骨折術後における歩行障害因子の多変量解析による検討
柳田 頼英, 田嶋 司, 村田 広志, 瀬良 敬祐, 安達 耕一, 千住 秀明. 整形外科 67(4) 301-307 2016年4月
・Factors associated with the annual change in forced expiratory volume in 1 second of officially acknowledged victims of pollution-related illness in improved environments: a longitudinal study.
Yudai Yano, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Masaharu Asai, Yorihide Yanagita, Tsuyoshi Nishinakagawa, Naomi Miyamoto, Kenji Kotaki, Ryo Kozu, Sumihisa Honda. Journal of physical therapy science 27(5) 1411-6 2015年5月
・Smoking aggravates the impaired pulmonary function of officially acknowledged female victims of air pollution of 40 years ago.
Tsuyoshi Nishinakagawa, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Masaharu Asai, Kenji Kotaki, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Yorihide Yanagita, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani, Sumihisa Honda. The Tohoku journal of experimental medicine 234(2) 151-60 2014年10月
・Tobacco use among designated air pollution victims and its association with lung function and respiratory symptoms: a retrospective cross-sectional study.
Kenji Kotaki, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Tsuyoshi Nishinakagawa, Yorihide Yanagita, Masaharu Asai, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani, Terumitsu Sawai, Sumihisa Honda. BMJ open 4(7) e005393 2014年7月31日
・Pulmonary rehabilitation improves exercise capacity and dyspnea in air pollution-related respiratory disease.
Naomi Miyamoto, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Masaharu Asai, Yorihide Yanagita, Yudai Yano, Tsuyoshi Nishinakagawa, Kenji Kotaki, Chika Kitagawa, Naoto Rikitomi, Ryo Kozu, Sumihisa Honda. The Tohoku journal of experimental medicine 232(1) 1-8 2014年1月
・Longitudinal study of respiratory function and symptoms in a non-smoking group of long-term officially-acknowledged victims of pollution-related illness.
Takako Tanaka, Masaharu Asai, Yorihide Yanagita, Tsuyoshi Nishinakagawa, Naomi Miyamoto, Kenji Kotaki, Yudai Yano, Ryo Kozu, Sumihisa Honda, Hideaki Senjyu. BMC public health 13 766-766 2013年8月17日
・大腿骨近位部骨折術後において下肢伸展挙上は歩行獲得の予測因子となり得るか? 術後早期における歩行獲得予測因子の検討
柳田 頼英, 大植 かほり, 田嶋 司, 大濱 慎一郎, 村里 達朗, 高須賀 良一. 日本臨床整形外科学会雑誌 38(1) 89-95 2013年7月
・Air pollution irreversibly impairs lung function: a twenty-year follow-up of officially acknowledged victims in Japan.
Yorihide Yanagita, Hideaki Senjyu, Masaharu Asai, Takako Tanaka, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Tsuyoshi Nishinakagawa, Kenji Kotaki, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani, Sumihisa Honda. The Tohoku journal of experimental medicine 230(3) 177-84 2013年7月
所属学会
日本理学療法士協会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、欧州呼吸器学会、日本呼吸療法医学会、日本集中治療医学会、日本気胸・嚢胞性肺疾患学会
研究紹介
内部障害、特に呼吸器分野における臨床研究を実施しています。主として誤嚥性肺炎におけるADLの変化や予後に与える影響、肺癌周術期における身体活動量や運動耐容能の調査、間質性肺疾患における酸素療法の効果を研究しています。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP