教員データブック※印刷の際はWEBブラウザGoogle Chromeの使用を推奨しています。

後藤 勝正

2022年度

学短
大学
所属
理学療法学科
職名
教授/副学長
氏名
後藤 勝正 (GOTO Katsumasa)
研究分野
神経科学 / 神経・筋肉生理学
健康・スポーツ科学 / スポーツ科学
生物科学 / 細胞生物学
基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
研究内容キーワード
筋肉生理学、再生医学、スポーツ科学、運動生理学、宇宙医学、環境生理学
主な学位・資格
博士(医学)(聖マリアンナ医科大学)
教育学修士(東京学芸大学大学院)
担当経験のある科目
生理学(聖マリアンナ医科大学,豊橋創造大学)
生理学実習(聖マリアンナ医科大学,豊橋創造大学)
運動生理学(豊橋創造大学,豊橋創造大学短期大学部)
応用生理学(豊橋創造大学)
スポーツ生理学(豊橋創造大学)
スポーツ医学(聖マリアンナ医科大学)
生体機能学(豊橋創造大学)
理学療法研究(豊橋創造大学)
健康科学特論(豊橋創造大学大学院健康科学研究科)
障害回復支援理学療法論(豊橋創造大学大学院健康科学研究科)
生体機能学特論(豊橋創造大学大学院健康科学研究科)
適応生理学論(豊橋創造大学大学院健康科学研究科)
健康科学特別研究(豊橋創造大学大学院健康科学研究科)
主な研究業績
「Responses of neuromuscular properties to unloading and potential countermeasures during space exploration missions」Ohira, T., Kawano, F., Goto, K., Kaji, H., Ohira, Y.
Neuroscience and Biobehavioral Reviews (136): pp.104617, 2022年3月
「骨格筋量調整における胃・小腸-骨格筋間の臓器間ネットワークの役割」後藤勝正
BIO Clinica (37 No. 4): pp.56-59 2022年3月
「Methylglyozal reduces molecular responsiveness to 4 weeks of endurance exercise in mouse plantaris muscle」Egawa, T., Ogawa, T., Yokokawa, T., Kido, K., Goto, K., Hayashi, T.
Journal of Applied Physiology (132): pp.477-488 2022年2月
「Fine-tuning of Piezo1 expression and activity ensures efficient myoblast fusion during skeletal myogenesis」Ortuste Quiroga, H.P., Ganassi, M., Yokoyama, S., Nakamura, K., Yamashita, T., Raimbach, D., Hagiwara, A., Harrington, O., Breach-Teji, J., Asakura, A., Suzuki, Y., Tominaga, M., Zammit, P.S., Goto, K.
Cells (11): pp.393 2022年1月
「Role(s) of gravitational loading on the growth and development of neuromuscular properties」Kawano, F., Ohira, T., Goto, K., Ohira, Y.
Aerospace and Environmental Medicine (54): pp.73-79 2020年12月.
「Involvement of receptor for advanced glycation end products in microgravity-induced skeletal muscle atrophy in mice」Egawa, T., Kido, K., Yokokawa, T., Fujibayashi, M., Goto, K., Hayashi, T.
Acta Astronautica (176) pp.332-340 2020年11月
「Role of active plantar-flexion and/or passive dorsi-flexion of ankle joints as the countermeasure for unloading-related effects in human soleus」 Okabe, H., Ohira, Tak., Kawano, F., Ohira, L., Ohira, Tomo, Kamibayashi, K., Goto, K., Naito, H., Ohira, Y.
Acta Astronautica (175) pp.174-178 2020年10月
「MBNL1-associated mitochondrial dysfunction and apoptosis in C2C12 myotubes and mouse skeletal muscle」Yokoyama, S., Ohno, Y., Egawa, T., Ohashi, K., Ito, R., Ortuste Quiroga, H.P., Yamashita, T., Goto, K.
International Journal of Molecular Sciences (21) pp.6376- 2020年9月
「Roles of satellite cells and/or myonuclei in the regeneration of morphological properties of anti-gravitational skeletal muscle in response to mechanical stress」Ohira, Tak., Kawano, F., Ozaki, Y., Fukuda, S., Goto, K., Ohira, Y.
Biological Sciences in Space (34) pp. 1-11 2020年7月
「筋トレの生化学:筋肥大のメカニズム」後藤勝正
臨床リハビリテーション (29 No.2) pp.116-122 2020年1月
所属学会
日本生理学会 , 日本体力医学会 , 日本宇宙航空環境医学会 , 日本運動生理学会 , American Physiological Society , American Society for Gravitational and Space Biology , International Society for Gravitational Physiology
受賞歴
2013年11月 第59回日本宇宙航空環境医学会大会 大会アワードⅢ
2009年 第17回日本運動生理学会大会大会賞
2006年 日本宇宙航空環境医学会第2回優秀論文賞
researchmap
https://researchmap.jp/read0031663/
研究紹介
骨格筋機能に関連する様々な生体機能とそれらに影響を与える因子を探求すると共に、生活の質(Quality of Life:QOL)や健康を維持増進していくために必要な生体応答に関する総合的な課題についての研究を展開しています。現在実施している研究テーマとしては「骨格筋の可塑性制御機構」「骨格筋再生機構」「サルコペニア・ロコモティシンドロームの分子機構解明とその対策」「骨格筋組織内脂肪量の調節」「筋生理学」「宇宙医学」「人体生理学」になります。
研究テーマは下記の通りです。
・骨格筋の可塑性制御機構
・骨格筋再生機構
・サルコペニア・ロコモティブシンドロームの分子機構解明とその対策
・骨格筋組織内脂肪量の調節
・筋生理学
・宇宙医学
・人体生理学

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP