home    豊橋創造大学大学院健康科学研究科 リハビリテーション 看護

大学院生募集

NEWS

2016年4月5日

Journal of Physical Fitness and Sports Medicineに総説が掲載されました。

2015年11月12日

Physiological Reportsに投稿した論文が掲載されました。

2015年10月29日

Acta Physiologicaに投稿した論文が掲載されました。

2015年10月8日

雑誌『細胞』に総説が掲載されました。

2015年10月7日

American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolismに投稿した論文が掲載されました。

2015年10月5日

本研究室の研究員と大学院生が、研究成果の一部を第70回日本体力医学会大会にて発表しました。

2015年7月29日

本研究室の大学院生が、研究成果の一部を第23回日本運動生理学会大会にて発表しました。

2015年7月1日

Journal of Physiological Sciencesに投稿した論文が掲載されました。

2015年6月5日

本研究室の研究員が、研究成果の一部をThe 11th World Congress of of International Society for Adaptive Medicine(ISAM 2015、平成27年5月27日〜30日)で 発表しました。

2015年5月27日

American Journal of Physiology - Cell Physiologyに投稿した論文が掲載されました。

2015年5月26日

Journal of Sports Science and Medicneに投稿した論文が掲載されました。

2015年4月1日

研究室メンバーを更新しました。

2015年3月25日

大学院進学についての相談(その7)を掲載しました。

2015年3月19日

2015年3月18日(水)に学位授与式が挙行されました。

2015年3月11日

当研究室の大学院生が「豊橋創造大学 平成26年度学長賞」を受賞しました。

2015年3月9日

本研究室の江川達郎博士特別研究員が第19回日本体力医学会東海地方会学術集会にて学術奨励賞を受賞しました。

2015年2月5日

大学院健康科学研究科の平成26年度「修士論文中間報告会」が開催されました。

2014年12月25日

Physiological Reportsに投稿した論文が、掲載されました。

2014年12月9日

本研究室の大学院生が、研究成果の一部をBrisbane 2014 Australian Physiological Society (AuPS) Meetingにて発表しました。

2014年11月8日

選抜入試第二期の志願者募集中です。

2014年10月28日

本研究室の大学院生が、研究成果の一部をThe 30th Annual Meeting of the American Society for Gravitational and Space Research(ASGSR)にて発表し、「Travel Award」を受賞しました。

2014年9月30日

執筆を担当した(分担執筆)した「ニュー運動生理学T」(真興交易(株)医書出版部、2014年)が刊行されました。

2014年9月24日

大学院進学についての相談(その6)を掲載しました。

2014年9月24日

本研究室の博士研究員と大学院生が、研究成果の一部を第69回日本体力医学会大会で発表しました。

2014年8月19日

大学院進学についての相談(その5)を掲載しました。

2014年7月29日

大学院健康科学研究科入試情報が最新のものに更新されました。

2014年7月24日

ホームページ左側の「MENU」を更新しました

2014年7月14日

大学院進学についての相談(その4)を掲載しました。

2014年7月12日

大学院進学についての相談(その3)を掲載しました。

2014年7月11日

大学院進学についての相談(その2)を掲載しました。

2014年7月10日

大学院進学についての相談(その1)を掲載しました。

2014年06月20日

業績ページを更新しました。

2014年6月19日

執筆を担当した(分担執筆)「高齢者の筋力 改善. 望月久, 山田茂(編)、筋機能改善の理学療法とそのメカニズム −理学療法の科学的基礎を求めて− (第3版)」(有限会社ナップ、東京、2014年)が刊行されました。

2014年6月19日

当研究室の博士研究員が執筆を担当した(分担執筆)「Caffeine: Consumption, Side Effects and Impact on Performance and Mood (編)Tolley, A.S.」(NOVA Science Publishers)が刊行されました。

2014年06月17日

大学院健康科学研究科では平成27年度よりテレビ会議システムを利用した「遠隔授業」を導入します。

2014年06月12日

5月26日より、英国King's College Londonから大学院生が来室し、修士論文のための研究を実施しています。

2014年05月16日

業績ページを更新しました。

2014年4月16日

Journal of Gerontology & Geriatric Researchに投稿した論文が、掲載されました。

2014年04月01日

研究室メンバーを更新しました。

2014年03月31日

第49回理学療法士国家試験の合格発表がありました。
当研究室のゼミ生(2名)も無事に合格しました。

2014年03月27日

日本整形外科学会雑誌に投稿した論文が印刷され、刊行されました。

2014年03月25日

Journal of Physical Fitness and Sports Medicineに投稿した論文(総説)が印刷され、刊行されました。

2014年02月12日

青森県スポーツ医学研究会誌に投稿した論文が印刷され、刊行されました。

2014年02月10日

本研究科の後藤勝正教授の論文がAmerican Journal of Physiology-Endcrinology and Metabolismに掲載されました。

2014年02月10日

大学院健康科学研究科の入試(一般入試二期・社会人入試三期)の願書受付中です。締め切りは平成26年2月21日(金)です。たくさんのご応募お待ちしています。

2014年02月06日

大学院健康科学研究科平成25年度修士論文中間報告会が開催されしました。研究科所属の1年生を対象としたもので、本研究室の4名の院生も発表しました。

2014年01月15日

Physiological Reportsに投稿した論文が掲載されました。

2014年01月06日

豊橋創造大学大学院健康科学研究科 第6回健康科学セミナー『熱ショックタンパク質の機能とその応用』を開催いたします。

2013年12月27日

英語版HPの運用を開始しました。

2013年12月25日

American Journal of Physiology-Endcrinology and Metabolismに投稿した論文の情報がPubMedに掲載されました。

2013年12月09日

PLoS ONEに投稿した論文が掲載されました。

2013年11月25日

第59回日本宇宙航空環境医学会大会(平成25年11月22日(金)〜24日(日))にて研究成果を発表し、「大会アワードV」を受賞しました。

2013年11月25日

当研究室大学院生の生田旭洋君が第59回日本宇宙航空環境医学会大会(平成25年11月22日(金)〜24日(日))にて研究成果を発表し、「大会アワードT」を受賞しました。

2013年11月11日

本研究室の大学院生が、Join Meetig of 29th American Society for Gravitational and Space Research and 5th International Symposium for Physical Sciences in Space (平成25年11月3日(日)〜8日(金)、Hilton Orland Lake Buena Vista、Orlando、Florida、 USA)にて発表しました。

2013年11月06日

平成26年度大学院健康科学研究科の入試(社会人入試二期)の願書受付中です。締め切りは平成25年11月21日(木)です。奮ってご応募ください。

2013年10月29日

PLoS ONEに投稿した論文が掲載されました。

2013年09月24日

本研究室の博士研究員と大学院生が、研究成果の一部を第68回日本体力医学会大会にて発表しました。

2013年09月03日

Physiological Reportsに投稿した論文が掲載されました。

2013年08月20日

International Journal of Medical Sciencesに投稿した論文が掲載されました。

2013年08月20日

大学院生ならびに研究員・研究生を募集しています。

2013年08月20日

業績のページを更新しました。

2013年08月08日

豊橋創造大学大学院健康科学研究科 第5回健康科学セミナー『生命を探る新たな視点 バイオメカニクス』を開催いたします。

2013年08月06日

平成26年度大学院健康科学研究科の入試(一般入試一期、社会人入試一期)の募集が始まっています。締め切りは平成25年8月28日(水)です。奮って応募ください。

2013年07月31日

平成25年7月25日(木)と26日(金)の2日間、山口大学大学院農学研究科で、修士課程の学生に特別講義を行いました。

2013年07月04日

日経ヘルス編日経ムック「女の「たるみ」を解決!」に「下腹の骨格筋と脂肪」について、骨格筋の活動と可塑性の関係から解説した記事が掲載されました。また、「たるみ」にかかわるEMCLついての解説も掲載されました。

2013年07月1日

第34回国際重力生理学会(The 34th Annual Meeting of International Society for Gravitational Pnhysiology:平成25年6月23日(日)〜28日(金)穂の国とよはし芸術劇場PLAT)が無事に全日程を終え、成功裏に終了しました。
ご協力いただきました関係各位に御礼申し上げます。

2013年07月1日

本研究室の博士研究員、特別研究生、大学院生、が、研究成果の一部を34th Annual Meeting International Gravitational Physiology(第34回国際重力生理学会)にて発表しました。

2013年06月17日

日本医事新報に総説が掲載されました。

後藤勝正: 体や顔の“たるみ”対策. 日本医事新報, 4650: 39-43, 2013.

2013年05月27日

平成25年6月23日(日)〜28日(金)に開催される第34回国際重力生理学会(The 34th Annual Meeting of International Society for Gravitational Pnhysiology)のプログラムを公開しました。

2013年05月27日

本研究室の大学院生が、研究成果の一部を第48回日本理学療法学会学術大会にて発表しました。

2013年05月10日

第19回上飯田リハビリテーションセミナーにて「骨格筋の可塑性発現とストレス応答のリハビリテーション医学的意義」というタイトルで講演しました。

2013年04月17日

翻訳を担当した「スポーツ・コーチング学 指導理念からフィジカルトレーニングまで」が刊行されました。

2013年04月01日

研究室メンバーを更新しました。

2013年03月19日

学位授与式が挙行されました。
本研究室の大学院生にも学位記『修士(健康科学)』が授与されました。

2013年03月13日

大学院健康科学研究科「平成23年度修士論文発表会」が開催されました。

2013年03月12日

当研究室の大学院生が「豊橋創造大学 平成24年度学長賞」を受賞しました。

2013年03月06日

第34回国際重力生理学会 演題募集中(締め切り延長)

2013年03月05日

大学院健康科学研究科修士論文発表会を平成24年3月13日(水)15時よりE21教室にて開催します。

2013年02月13日

第34回国際重力生理学会 参加申込み・演題募集

2013年2月12日

大学院健康科学研究科「社会人入試(3期)」ならびに「一般入試(2期)」の願書受付が始まりました。 願書締切は2月25日(月)です。

2013年02月06日

大学院健康科学研究科修士論文中間報告会が開催されました。 研究科所属の1年生を対象としたもので、本研究室所属の2名の学生も発表しました。

2012年12月10日

CBC制作/TBS系「健康カプセル ゲンキの時間」(2012年12月9日(日)7:00〜7:30)の取材に協力し、出演しました。

2012年12月6日

NHK BSプレミアム「女神ビジュアル」(2012年12月5日(水)23:15〜23:45)の取材に協力し、VTR出演しました。

2012年12月6日

当研究室の大学院生が、研究成果の一部をThe 28th Annual Meeting of the American Society for Gravitational and Space Research (ASGSR)(平成24年11月28日(水)〜12月1日(日))にて発表し、口頭発表の部で「Student Award」を受賞しました。

2012年11月30日

東三河県庁開設記念「東三河産学官連携連続講演会」(第2回新分野進出推進フォーラム)にて講演しました。

2012年11月26日

当研究室の大学院生が、研究成果の一部を第58回日本宇宙航空環境医学会大会(平成24年11月15日(木)〜17日(土))にて発表しました。

2012年11月1日

第58回日本宇宙航空環境医学会大会公開講演会『オリンピックへの道と健康科学』が平成24年11月17日(土)に、愛知県豊橋市の豊橋商工会議所にて開催されます

2012年11月1日

第58回日本宇宙航空環境医学会大会が平成24年11月15日(木)〜11月17日(土)まで、愛知県豊橋市の豊橋商工会議所にて開催されます。

2012年10月16日

当研究室の大学院生等が、研究成果の一部を2012 APS (American Physiological Society) Intersociety Meeting "The Integrative Biology of Exercise VI"(平成24年10月10日(水)〜13日(土))にて発表しました。

2012年9月24日

北里大学病院心臓リハビリテーション室「リサーチカンファレンス」で講演しました。

2012年9月18日

当研究室の大学院生等が、研究研究成果の一部を第67回日本体力医学会大会(平成24年9月14日(金)〜16日(日))にて発表しました。

2012年9月11日

日本経済新聞電子版に、『「たるみ」と骨格筋』にかんするコメントが掲載されました。

2012年9月10日

大学院健康科学研究科主催の第4回健康科学セミナー『宇宙のリズムとヒトのリズム』が開催されました。

2012年9月5日

豊橋創造大学平成24年度FD講演会にて講演しました。

2012年9月3日

「医工連携セミナー」(共同開催:三遠地域新産業創出事業(愛知県委託事業)と豊橋市イノベーション創出等支援事業)で講演しました。

2012年8月31日

Molecular and Cellular Biochemistryに投稿した論文が掲載されました。

Ohno, Y., Yamada, S., Goto, A., Ikuta, A., Sugiura, T., Ohira, Y., Yoshioka, T., Goto, K.: Effects of heat stress on muscle mass and the expression levels of heat shock proteins and lysosomal cathepsin L in soleus muscle of young and aged mice. Mol. Cell. Biochem. 369(1-2): 45-53, 2012.

この論文は、豊橋創造大学、大阪大学、山口大学、弘前学院大学、名古屋大学による多施設共同研究の成果です。

2012年8月8日

Jouirnal of Physical Fitness and Sports Medicineに総説が掲載されました。

Goto, K., Ohno, Y., Goto, A., Ikuta, A., Suzuki, M., Ohira, T., Tsuchiya, N., Nishizawa, S., Koya, T., Egawa, T., Sugiura, T., Ohira, Y., and Yoshioka, T.: Some aspects of heat stress on the plasticity of skeletal muscle cells. J.Phys. Fit. Sports Med. 1: 197-204, 2012.

2012年7月19日

上田法治療ジャーナルに総説が掲載されました。

後藤勝正, 大野善隆, 安原和之, 古屋智之, 西澤苑, 後藤亜由美, 生田旭洋: 骨格筋可塑性発現機構とその制御の可能性. 上田法治療ジャーナル, 22: 89-105, 2011.

Goto, K., Ohno, Y., Yasuhara, K., Koya, T., Nishizawa, S., Goto, A., and Ikuta, A.: Some aspects on skeletal muscle plasticity. J. Jpn. Soc. Res. Ueda Approach spastics, 22: 106-120, 2011.

2012年7月11日

豊川高校見学会で、豊川高等学校の生徒に対して「生理学」の模擬授業を行いました。

2012年7月11日

PLoS ONEに投稿した論文が掲載されました。

2012年7月9日

日経ヘルス8月号に骨格筋と脂肪に関するコメントが掲載されました。

2012年6月26日

当研究室の大学院生が、先日英国スコットランドアバディーンにて開催されたJoint Life Sciences Symposium, Life in space for Life in Earth. International Society for Gravitational Physiology (ISGP) the 33rd Annual Meeting. 12th European Life Sciences Symposium(平成24年6月18日(月)〜22日(金))にて、研究成果の一部を発表しました。
またこの発表は、Young Researcher Contestで入賞しました。

2012年5月28日

当研究室の大学院生が、研究成果の一部を第47回日本理学療法学会学術大会にて発表しました。

2012年5月15日

リンクを更新しました。

2012年5月1日

PLoS ONEに投稿した論文が掲載されました。

2012年4月16日

平成24年11月15日(木)〜17日(土)に開催される第58回日本宇宙航空環境医学会大会のWebサイトを公開しました。

2012年4月12日

日本赤十字リハビリテーション協会誌に総説が掲載されました。

後藤勝正: 筋衛星細胞から見た廃用性筋萎縮とそのリハビリテーション. 日赤リハ会誌 26: 7-17, 2012.

2012年4月2日

研究室メンバーを更新しました。

2012年3月30日

第46回理学療法士国家試験の合格発表がありました。
当研究室のゼミ生(1名)、無事に合格しました。

2012年3月30日

PLoS ONEに投稿した論文が掲載されました。

2012年3月21日

学位授与式が挙行されました。
当研究室の卒業研究ゼミ生も全ての課程を修了し、無事に卒業しました。

2012年3月19日

大学院健康科学研究科主催の第3回健康科学セミナー『医療安全とヒューマンファクター』が開催されました。

2012年3月15日

2013年3月15日 「豊橋創造大学 平成23年度学長賞」が、本研究室の学部学生と大学院生の2名に授与されました。

2012年3月14日

2012年3月14日 大学院健康科学研究科「平成23年度修士論文発表会」が開催されました。

2012年3月3日

2012年3月3日 『第4回豊橋創造大学理学療法研究会』にて特別講演を行いました。

2012年2月28日

2012年2月28日 大学院健康科学研究科主催の第2回健康科学セミナー『Closed kinetic chainにおける二関節筋のメカニズム』が開催されました。

2012年2月20日

2012年2月17日(金)〜2月18日(土)に、パラボリックフライト実験を行いました。

2012年2月14日

豊橋創造大学大学院健康科学研究科 第3回健康科学セミナー『医療安全とヒューマンファクター』を開催します。

2012年2月13日

大学院健康科学研究科「社会人入試(3期)」ならびに「一般入試(2期)」の願書受付が始まりました。

2012年2月1日

大学院健康科学研究科修士論文中間発表会が開催されました。
研究科所属の1年生を対象としたもので、本研究室所属の2名の学生も発表しました。

2011年12月16日

姉妹校見学会で、藤ノ花女子高等学校の生徒に対して理学療法体験(大野善隆)と生理学体験(後藤勝正)の授業を行いました。

2011年12月12日

研究成果の一部をまとめた総説が「体育の科学」に掲載されました。

後藤勝正、大平充宣:筋機能から見た萎縮と肥大のメカニズム.体育の科学, 61: 900-906, 2011.

2011年12月10日

SOZOリハビリテーションフォーラム(豊橋創造大学保健医療学部理学療法学科公開講座)にて、「健康長寿に活かす宇宙医学 −宇宙で知る健康の理(ことわり)−」にて講演しました。

2011年11月29日

当研究室の大学院生が、研究成果の一部を第57回日本宇宙航空環境医学会大会(平成23年11月24日(木)〜26日(土)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)つくば宇宙センター)にて発表しました。

2011年11月14日

Journal of Applied Physiologyに投稿した論文が印刷され、刊行されました。

Yasuhara, K., Ohno, Y., Kojima, A., Uehara, K., Beppu, M., Sugiura, T., Fujimoto, M., Nakai, A., Ohira, Y., Yoshioka, T., and Goto, K.: Absence of heat shock transcription factor 1 retards the regrowth of atrophied soleus muscle in mice. J. Appl. Physiol., 111: 1142-1149, 2011.

この論文は、豊橋創造大学と聖マリアンナ医科大学、大阪大学、山口大学、弘前学院大学による多施設共同研究の成果です。

2011年11月12日

第38回日本赤十字リハビリテーション協会学術集会(名古屋第一赤十字病院)にて、「筋衛星細胞から見た廃用性筋萎縮とそのリハビリテーション 」というテーマで講演(特別講演)を行いました。

2011年11月9日

当研究室の大学院生が、研究成果の一部を先日米国San Joseにて開催された2011 ASGSB/ISGP Joint Conference, American Society for Gravitational and Space Biology (ASGSB) the 27th Annual Meeting/International Society for Gravitational Physiology (ISGP) the 32nd Annual Meeting(平成23年11月2日(水)〜7日(日)、米国カリフォルニア州サンホゼ)にて発表しました。
また、今回の参加と研究発表に対してTravel findingが授与されました。

2011年11月9日

2013年開催予定のInternational Society for Gravitational Physiology (ISGP) the 34th Annual Meetingの大会長に選出されました。

2011年11月9日

大学院健康科学研究科「社会人入試(2期)」の願書受付が始まりました。

2011年10月17日

Cells Tissues Organsに投稿していた論文が印刷され、刊行されました。

Ohno, Y., Yamada, S., Sugiura, T., Ohira, Y., Yoshioka, T., and Goto, K.: Possible Role of NF-ĸB Signals in Heat Stress-Associated Increase in Protein Content of Cultured C2C12 Cells. Cells Tissues Organs, 194: 363-370, 2011.

この論文は、豊橋創造大学、名古屋大学、山口大学、弘前学院大学による多施設共同研究の成果です。

2011年9月18日

当研究室の大学院生が、研究研究成果の一部を
第66回日本体力医学会大会(平成23年9月15日(金)〜18日(日))にて発表しました。

2011年9月7日

大学院健康科学研究科「平成23年度修士論文計画発表会」が開催されました。
本研究室の2名の大学院生(生田、後藤)が発表しました。

2011年9月7日

日本物理療法学会会誌に投稿した総説が印刷され、刊行されました。

後藤勝正: 温熱刺激による骨格筋の肥大と筋萎縮予防効果. 日本物理療法学会会誌, 18: 1-7, 2011.

2011年8月8日

2011年8月5日に「第1回健康科学セミナー『宇宙医学から見た健康科学』」が開催されました。

2011年8月8日

大学院健康科学研究科「社会人入試(1期)」ならびに「一般入試(1期)」の願書受付が始まりました。

2011年7月18日

翻訳を担当した「運動処方の指針 運動負荷試験と運動プログラム 原書第8版」の翻訳本が刊行されました。

後藤勝正: 運動負荷試験の臨床. 運動処方の指針 運動負荷試験と運動プログラム 原書第8版、日本体力医学会体力科学編集委員会(監訳)、p. 109-125、南江堂、東京、2011年.

2011年7月18日

Biological Sciences in Spaceに投稿した総説が印刷され、刊行されました。

Ohira, Y., Kawano, F., Wang, X.D., Nakai, N., Ohira, T., Okabe, H., Naito, H., and Goto, K.: Role(s) of mechanical load and satellite cells in the regulation of the size of soleus muscle fibers in rats. Biol. Sci. Space, 24: 135-144, 2010.

この論文は、豊橋創造大学、大阪大学大学院、国士舘大学、順天堂大学による共同研究の成果です。

2011年7月11日

豊橋創造大学大学院健康科学研究科 第1回健康科学セミナー『宇宙医学から見た健康科学』を開催します。

2011年7月7日

大学院健康科学研究科平成24年度入試要項および出願書類の一部を掲載しました。

2011年6月25日

International Journal of Sports Medicineに投稿した論文が印刷され、刊行さ れました。

Fujiya, H., Goto, K., Kohno, T., and Aoki, H.: Changes of SM muscles after STG harvest. Int J Sports Med. 32: 446-450, 2011.

この論文は、豊橋創造大学と聖マリアンナ医科大学による共同研究の成果です。

2011年6月15日

『日経ウーマンオンライン』に下腹部の脂肪に関するコメント記事が紹介されました。

2011年6月1日

平成23年6月4日(土)愛知県名古屋市吹上ホールにて開催されます「夢ナビライブ2011」にてミニ講義を行います。
「夢ナビライブ」とは国公立大学・私立大学の合同ガイダンスです。
そのため講義は大学進学を考える高校生を対象としています。講義のタイトルは「生命の神秘に挑戦する生理学 ―宇宙医学から学ぶからだの仕組み―」です。時間は5時限目(15時40分〜16時10分)です。

2011年5月28日

当研究室の大学院生と卒業研究ゼミ生(学部4年生)が、それぞれの研究研究成果を第46回日本理学療法学会学術大会にて発表しました。

2011年5月24日

大学院健康科学研究科の平成24年度入試日程が発表されました。

2011年5月6日

日経ヘルス6月号に骨格筋と脂肪に関する記事「働きもののカラダのしくみ『えっ、筋肉が脂肪になるって本当なの?』」が掲載されました。

2011年4月6日

日経ヘルス5月号に骨格筋と脂肪に関するコメントが掲載されました。
また、同時に『日経ウーマンオンライン』にもコメントが紹介されました。

2011年4月1日

研究室メンバー」を更新しました。

2011年4月1日

大学院生2名が研究室メンバーに加わりました。

2010年度のNEWS

2009年度のNEWS