短期大学部 専攻科福祉専攻

アドミッションポリシー

ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーを踏まえ、求める学生像は以下のとおりである。

  1. 保育の学びをいかして生活支援が必要な子どもから高齢者に対して尊厳を遵守した関わりができる能力を身に付けることのできる人

  2. 介護の専門的な知識や技能(技術)を習得し豊かな人間性を備えた支援者をめざすことができる人

  3. 医療職等他の専門職と連携協働ができ、常に介護に対する探究心をもち課題解決に取り組もうとすることができる人

カリキュラムポリシー

1.教育目標

本学の教育理念に則り、保育士養成施設の卒業者を対象に、介護福祉の知識と技能を習得し、人権を尊重し健康的な日常生活を支える科学的思考と文化的かつ創造的な人間性を併せもつ感性豊かな専門的職業人の養成を目標とする。

専攻科福祉専攻では、「人間と社会」「こころとからだ」「介護」「医療的ケア」の4領域に科目を分類して、カリキュラム編成をしている。

  1. 介護福祉士に関する講義・演習・実習等を通して、支援を必要とする人たちの人間理解を深め、専門職としての倫理的態度を涵養する。

  2. 介護に関する医学・リハビリ・栄養学など他職種についての学習を通し、他職種と連携協 働できる知識・能力を養う。

  3. 障がい者・高齢者施設で段階的な実習をすることによって、理論と実践の融合化を図り、 介護の実践力を養う。

  4. 地域活動を通して、支援を必要とする人たちを取り巻く環境の重要性を理解し、介護の専門職としてリーダーシップをとる。

ディプロマポリシー

豊橋創造大学短期大学部で所定の単位を修めた者は、本学の「文化の向上を目指し、創造性豊かな人間味溢れる人格の形成と新しい時代に適応する職業的教育」を目的として、「地域福祉に貢献し得る社会人(市民)、職業人として、心身ともに健全な人格の形成者を育成する」ことを使命とした建学の精神と教育理念に基づいて、以下の基準を満たしていると認め、専攻科福祉専攻の介護福祉士の修了証が授与される。

  1. 介護福祉士の専門的な知識・技術を修得し、実践する能力を身につけている

  2. 他の職種の役割を理解し、チームに参画する能力を身につけている

  3. 利用者の状況についてアセスメントし、計画的に介護が提供できる能力を身につけている

  4. 個別の状態に応じたコミュニケーション能力を身につけている。

  5. 人権擁護の視点や職業倫理を身につけている。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。