保健医療学部 看護学科

アドミッションポリシー(入学者選抜の方針)

看護学科では、次のような人材を求めている。

  1. 生命の尊厳や多様な価値観を受け入れ、思いやりをもって人にかかわることのできる人

  2. 豊かな創造力をもち、他者と協働しながら地域社会に貢献する意欲のある人

  3. 高等学校等で学ぶ知識・技能(特に、国語、英語、数学、理科)を身につけている人

  4. 課題解決に向けた思考力と判断力を持ち、行動できる人

  5. 看護学を学ぶ意志を持ち、主体的に学修に取り組むことができる人

カリキュラムポリシー(教育課程編成の基本方針)

  1. 教育理念、教育目標を基盤に打ち出したアドミッションポリシーを基盤におき、ディプロマポリシーにそったコンピテンシーを持つ学生の育成を目指したカリキュラム編成とする。

  2. 基礎科目群、専門基礎科目群、専門科目群に大きく分類し、それぞれの科目内容の持つ教育的な性格、位置づけを明確にする。

  3. 基礎科目は教養としての位置づけと専門基礎科目を理解していく基盤とし、人間を生理的・心理社会的全体の視点から、人文・社会・自然科学的に理解していく教育内容とする。

  4. 基礎科目では、3.に加え、その人間が生活をしていく中で必要な、社会性および学びを深めるために必要なリテラシーとして、読む、書く、聞く、話すなどの能力を身につけるために必要な教育内容、かつ高等学校からの知識を確実にして大学教育へと発展させるための内容を網羅する。また、自らの学習力を高める教育内容を包含する。

  5. 専門基礎科目、専門科目の教育内容の中心概念として、「看護実践力の育成」をおく。

  6. 専門基礎科目は専門科目の内容理解の基盤として必要な教育内容を「人間」「健康」「環境」に分類し科目内容を構築する。

  7. 専門科目は、対象の発達と機能、看護の場、看護の機能等の特徴から、大きく9つ(基礎看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学、看護の統合)の領域にわけ、それぞれの領域に教育内容、教育方法の相違ごとに科目を構築する。

  8. 学生が主体的にキャリア能力を持続的継続的に育成し続ける学習力育成に必要な教育内容、方法を導入する。

  9. 学生が効率的に学修でき、成果があがることを目指して、基礎科目・専門基礎科目・専門科目の教育内容を精選したうえで、必要最小限の教育内容とする。

  10. 基礎科目、専門基礎科目、専門科目のいずれも、科目配列の順序性は、体系だった理解が容易になるための配列、時間数となるよう配慮する。

  11. 本カリキュラムにより修得できる看護職のキャリアは、看護師の国家試験受験資格である。また、コースを選択することにより保健師あるいは助産師の国家試験受験資格も修得可能な構築とする。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学科の学位授与の方針は、学科の教育目標を踏まえ、具体的に以下のとおりとする。

  1. 対象理解

    看護の対象となる人々を、生物・心理・社会的な面から統合的に理解するための 広い教養と専門的な知識・技術を身につけている

  2. 倫理性

    看護職者として必要な倫理性を兼ね備え、人々の多様な価値観を受け入れ尊重する姿勢を身につけている

  3. 看護実践力

    看護における顕在的・潜在的課題に対し、科学的根拠に基づく適切な判断と、解決していくための実践能力を身につけている

  4. 社会的貢献

    変化する社会の中で看護が果たすべき社会的責務を理解し、国際的な視点を含め、広く地域の健康に貢献できる基礎的能力を身につけている

  5. 研究力

    看護にかかわる事象を科学的に探究するための基礎的な研究能力を身につけている

  6. イノベーション

    生涯にわたって看護を探求し、創造・革新していくための基礎的能力を身につけている

  7. 協調性

    保健医療福祉チームの一員として、看護職者の役割を理解し、多職種間で連携・共働できるための基礎的能力を身につけている

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。