短期大学部 専攻科医療情報専攻

アドミッションポリシー

本科は、診療情報の正確な管理と有効な活用を通じて、患者様に、より安全で質の高い医療の提供を実現する専門職である診療情報管理士の養成を目指す。
この責任のある仕事での活躍を目指し、専門知識と技能の向上に地道に取り組む以下のような人物を求める。

  1. 我が国の医療の仕組みに対して関心を持ち、医療を必要とする人たちのため医学・医療の発展に貢献したい気持ちを持っている人。

  2. 医学・医療、経営・管理、情報通信技術に関する幅広い知識・技能を自ら積極的に学習する意欲を持ち、自分の能力を伸ばす努力を継続できる人。

  3. 医療に携わる多くの仲間たちと協調性をもってチームを組むためのコミュニケーション能力を発揮できる人。

カリキュラムポリシー

本科は、短期大学部キャリアプランニング科等で2年間の診療情報管理士及び医療事務に関する教育を受けた者を対象に、さらに1年継続して診療情報管理士として必要なマインドとスキルを修得するために、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を編成する。

  1. 教育の中心として、少人数のゼミ形式で講義を進める。そこでは学ぶ内容を軸にして、自己成長を図る意欲や向上心や問題解決能力等を養っていく。

  2. 職業人として、更に診療情報管理士としてふさわしい教養と思考力を養うための専門科目を設置する。

  3. 医学、薬学や医療行為の理解をめざして、臨床医学系科目を設置する。

  4. 診療録の適切な管理及び疾病分類を学ぶために、疾病分類系科目を設置する。

  5. 医療IT技術の駆使も含めて、必要な情報管理分析能力を育成するために、医療情報管理系科目を設置する。

  6. 医療現場における診療情報管理士の役割を体験するための実習科目を設置する。

ディプロマポリシー

本科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した者に修了証書を授与する。

  1. 診療情報管理士という職業の概念形成を通じて社会に貢献する。

  2. より優秀な診療情報管理士をめざして、常に新しい知識や技能を習得する意欲を持つ。

  3. 医療の現場で適切な人間関係を保つ能力を持つ。

  4. 診療情報管理士として必要な一般的知識を持つ。

  5. 診療情報管理士として必要な医学的知識を持つ。

  6. 診療情報管理士として充分に医療制度を理解する。

  7. 診療情報管理士として必要な事務処理能力を持つ。

  8. 医療の現場で直面する問題を解決する能力を持つ。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。