大学院 経営情報学研究科 起業・経営情報専攻

アドミッションポリシー

経営情報学研究科では、現代の産業・経済社会において真に価値ある明確な目標を果敢に実現しようとする意欲ある次のような人材を求める。

  1. 企業・起業にかかわる会計・マネジメントの経営理論や最先端の考え方の学識と能力を高めたい人

  2. 情報通信技術を駆使してメディアやネットワークの知見とスキルの習得を目指す人

  3. 職業人として経営全般あるいは生産、マーケティング、財務、会計、税務、人事、情報システムなどの経営職能の特定分野やマネジメント・サイエンス分野を中心とした企画力、管理力、意思決定力を高めたい人

  4. 起業をするという意欲を間違いなく現実のものにしたいと志す人

  5. 企業・起業経営に関する専門研究者の基盤固めを目指す人

カリキュラムポリシー

1.教育目標

本研究科は、「創造性豊かな次世代社会の担い手を育成する」という建学の基本理念に則り、「専門経営者、特に同候補者、起業家の教育・育成」という実践的な高度の専門職業人の養成を目的とする。

2.目標項目

本研究科の教育研究は、次の3つの目標項目において1つ以上の能力を習得しなければならない。

  1. 「企業家・起業家」に求められるマネジメントに関する知識と意思決定能力を有している。

    変化・流動化が常態化している今日の時代状況の中で、革新的思考と先見性、行動力、問題形成力・解決力を持ち「企業家・起業家」としての意思決定をすることができる。

  2. 「マネジメント・サイエンス」に関する知識とスキルを経営諸問題解決に活用することができる。

    情報技術・情報リテラシーの体得を基礎にすえ、システム思考による事業展開のためのモデル構築やシミュレーションまた経営の意思決定等を、これらの情報技術の活用にもとづいて経営を推進しうる知識とスキルを持つ。

  3. 「メディア/ネットワーク」分野の本質的な理解とスキルを有している。

    情報処理技術の知見とスキルの習得を基礎に、メディアのデジタル処理と表現方法の活用、あるいはネットワーク構築の理論と構築能力を駆使し経営諸活動に活用できる。

3.教育研究科目群

教育目標を実現するために、教育研究の領域を「企業・起業」における“マネジメント”、“環境”“マネジメント・サイエンス”と“メディア/ネットワーク”の4つの学問領域と論文指導に区分し、 履修形態を講義科目と演習科目により編成している。

  1. 「企業・起業の環境」領域

    企業家・起業家に必須な社会システムを体得させるための主要要素を鳥瞰できるような科目群。

  2. 「企業・起業のマネジメント」領域

    企業・起業の諸問題に切り込むための経営管理能力と経営意思決定能力を体得させるための科目群。

  3. 「企業・起業のマネジメント・サイエンス」領域

    企業・起業活動の意思決定や管理に対しコンピュータの活用によるモデル構築やシミュレーション等を行い、これらを体験的に学習させる科目群。

  4. 「企業・起業のメディア/ネットワーク」領域

    メディア関係ではメディアのデジタル技術と表現方法を体験的に学習させるための科目群。

  5. 論文指導

    これら4つの領域の中から、修学者個人の問題意識に基づく修士論文作成を必修科目として義務づけている。

ディプロマポリシー

豊橋創造大学大学院経営情報学研究科修士課程では、所定の単位を修得し学位試験に合格した者は、以下の基準を満たしていると認め、修士(経営情報学)の学位が授与される。

  1. 選択した主領域の学習と研究を通して得られる専門的職業人としての高度な知識と技術を有する。

  2. 修士論文に関する高度な知識と技能を有する。

  3. 創造性と専門性を発揮し、経営諸問題の解決能力と意思決定能力を有する。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。