大学院 健康科学研究科 健康科学専攻

アドミッションポリシー

本研究科では、高い倫理観と豊かな人間性を備え、共に新しい健康科学を創造し、社会に貢献する次のような学生を求めている。

  1. 保健・医療・福祉等の健康増進に関する高度な専門的知識・技術の修得を目指す人

  2. 地域の保健・医療・福祉等の健康増進を目指し、指導的な役割を担おうとする人

  3. 健康科学に係る専門的知識および技術の普及により、健康長寿の実現を目指す人

  4. 新たな分野を開拓し、先進的な研究活動を志す人

カリキュラムポリシー

1.学問領域の構成

保健・医療・看護・介護・福祉など健康増進に係る基礎的要素を涵養して新たなヘルスプロモーションを図る上で必要な知識や技能、態度を修得できるように学問領域を設定している。人の健康を害する障害と生体機能の回復・増進の支援についての知識・技術を集積する「リハビリテーション学領域」、人の生涯にわたっての健康支援や健康を維持・増進するためのケアについての知識・技術を集積する「看護学領域」及び両領域に共通する福祉・医学等の「共通領域」から構成されている。

2.科目編成

専門とする研究領域とそれに関連する多様な科目はもちろん、他の研究領域や共通領域の科目等を幅広く履修して、本研究科の特色である多角的な視点から総合的・学際的な研究活動を実現させることを目的として、「基礎科目」「専門科目」及び「課題研究科目」の3つの科目群に編成している。

1)基礎科目(必修科目)

本研究科の総論・導入として基礎的な科目群である健康生活を支援するために必要な健康決定要因など健康科学に関する知識について、「心身機能・身体構造」と「病態」について人の生活行動に関係の深い「運動系」を中心に学修する「健康科学特論Ⅰ」及び「障害者」「高齢者」「家族」「健康増進」の視点から再構成し、「健康長寿」を追究するための基礎的知識を習得する「健康科学特論Ⅱ」を配置している。

2)専門科目
  1. リハビリテーション学領域

    健康長寿社会に向けて運動・行動の身体活動を中心としたリハビリテーションの基盤となる知識・技術等及び理学療法分野の指導者としての基礎を学ぶ「障害回復支援理学療法論」及び「病態運動学論」、最先端知識・研究ならびに技術開発と普及の研究を行うため「地域連携特論」「神経系障害学特論」「運動機能解析学特論」「生体機能学特論」を配置している。

  2. 看護学領域

    健康長寿社会に向けて看護に関して基盤となる知識を・技術ならびに指導者としての基礎を修得する「看護調整機能論」ならびに「家族ケア論」、最先端知識・研究ならびに技術開発と普及の研究をはかるため「家族支援看護学特論」「健康推進看護学特論」を配置している。

  3. 共通領域

    ハビリテーション学と看護学の両領域に共通し、本研究科の特色である多角的な視点から総合的・学際的な研究活動を実現させ、専門分野をより深く学修することを支援する科目を配置している。

3)課題研究科目

「健康科学特別研究」を必修としている。ここでは、研究計画立案及び調査・実験計画作成に関する適切な指導を行うとともに、グループ及び個人対面による調査・実験・研究進行に関する議論を通じて、修士論文の完成に至る。

3.長期履修制度及び昼夜開講制

職業を有している等の事情により、標準修業年限での教育課程の履修が困難な社会人を対象として、個別事情に応じて標準修業年限を超えて計画的に履修し、教育課程を修了により学位を取得することができる長期履修制度を設定した。さらに、働きながら学べる機会を確保するために、大学院設置基準第14条による教育方法の特例を実施し、平日昼夜開講制及び土曜日の開講、夏期や冬期などの長期休暇中における集中授業を行う。

学問領域の編成と授業科目一覧表
科目区分 授業科目の名称 配当年次
基礎科目

(本研究科の総論・導入として基礎的な科目群である健康生活を支援するために必要な健康決定要因など健康科学に関する知識について、ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)に基づく「人間の生活機能と障害分類法」に従い、「心身機能・身体構造」と「病態」について学修し、「健康長寿」を追究するための基礎的知識の習得)

  • 健康科学特論Ⅰ
  • 健康科学特論Ⅱ
  • 1前
  • 1後
小計(2科目) -
専門科目
(基礎科目を踏まえて専攻毎の知識を深める科目群)
リハビリテーション学領域

(健康長寿社会に向けて運動・行動の身体活動を中心としたリハビリテーション、人間の健康に係る地域社会の関わり及び生涯にわたる健康支援や健康を維持・増進するためのケアについての基盤・最先端研究ならびに技術普及に関する研究を行う準備のための学修)

  • 障害回復支援理学療法論
  • 病態運動学論
  • 地域連携特論
  • 運動機能解析学特論
  • 神経系障害学特論
  • 生体機能学特論
  • 1後
  • 1前
  • 1通
  • 1通
  • 1通
  • 1通
看護学領域

(健康長寿社会に向けて看護に関して基盤となる知識を・技術ならびに指導者としての基礎の修得と、最先端知識・研究ならびに技術開発と普及の研究を行う準備のための学修)

  • 家族ケア論
  • 看護調整機能論
  • 家族支援看護学特論
  • 健康推進看護学特論
  • 1前
  • 1前
  • 1通
  • 1通
共通領域

(多角的な視点から総合的・学際的な研究活動を実現させ、専門分野をより深く学修することを支援する科目群。

健康長寿社会に向けて人間の健康に係る環境や地域社会の関わり及び生涯にわたる健康支援や健康を維持・増進するためのケアについての基盤・最先端研究ならびに技術普及に関する研究を行う準備のための学修。

支援対象者の回復・治療的なステージ及び障害者や高齢者の身体状況や健康レベルに合った適切な支援法あるいは支援技術の研究や健康生活に欠かせない社会保障ならびに対人関係の構築・維持・改善についての学修。

健康支援活動に関する基礎から応用的な実験的な研究法および社会調査・疫学的研究法、質的研究法の修得。)

  • 地域健康支援論
  • 適応生理学論
  • 医療統計論
  • 生体構造論
  • 研究論
  • 対人コミュニケーション論
  • 生活支援技術論
  • 社会保障論
  • 1前
  • 1前
  • 2前
  • 1前
  • 1前
  • 2前
  • 1前
  • 1後
小計(18科目) -
課題研究科目

(研究計画立案及び調査・実験計画作成に関する適切な指導を行うとともに、グループおよび個人対面による調査・実験・研究進行に関する議論を通じて、修士論文の完成に至る。)

  • 健康科学特別研究
  • 1後~2通
小計(1科目) -

ディプロマポリシー

  1. 修士課程健康科学研究科では、所定の年限在学し、研究指導を受け、所定の単位数を修得し、かつ本研究科が行う修士論文の審査及び試験に合格した者に修士の学位を授与する。

  2. 修士課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目安とする。

    1. 保健・医療・看護・介護・福祉など健康増進に係る専門分野における高度な専門的知識と研究技術を修得している。

    2. 健康寿命の延伸に寄与する健康科学領域に関する多角的視点および問題解決に向けた適切な方策を提起すること態度を修得している。

    3. 論理的な発表、論述および討論ができる能力を修得している。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。