短期大学部幼児教育・保育科

アドミッションポリシー

  • ● 子どもに対する適切な愛情を持ち、教育・保育・福祉に興味・関心のある人。
  • ● 保育者になる熱意、意欲を継続的に持てる人。
  • ● 専門的な知識や技能を修得するために、努力のできる人。
  • ● 他者とコミュニケーションをとることができ、協力できる人。

保育者は、子どもの成長に深く関わり、多くの人との連携が求められる仕事です。コミュニケーション力が求められるので、授業や行事、部活動やボランティア活動などを通して、多くの人と関わり、楽しみや喜びを共有する経験をしておくことが大切です。

学生として専門的科目を学修する際に、国語四技能(読む・書く・聞く・話す)が基礎となります。本や新聞などで活字に親しみ、ニュースや時事問題へ常に関心を持つようにしましょう。

さらに保育活動には、音楽・美術・体育などの表現活動が重要な役割を担いますので、得意分野を見つける努力をしましょう。

カリキュラムポリシー

1.教育目標

本学の教育理念に則り、豊かな感性と高い専門職意識と実践力を兼ね備えた保育者の育成を目標とする。

2.カリキュラム編成

本科は、教育目標を達成するために、次の四つの項目における九つの教育達成事項を柱に据え、カリキュラム編成を行っている。

(1)関心・意欲・態度

子どもについて自主的・継続的に学ぶ意欲があり、向上心が持てる。

保育・教育の制度や理念、職業としての意義を理解して、広い視野から自己の将来を展望できる。

(2)思考・判断

子ども一人ひとりの内面に潜む感情や個性の芽生えに共感できる。

子どもの視点に立つ思考ができ、それに基づいた判断が行える。

(3)技能・表現

乳幼児期の発達に応じた援助・指導をすることができる。

子どもの発達に応じた表現活動を実際に展開できる。

地域とのかかわりに関心を持ち、情報提供・発信を行える。

(4)知識・理解

乳幼児期の発達特性や教育方法・技術の基礎について理解できる。

保育者・教育者である社会人としての一般教養を身につけ、他者を理解して協同作業ができる。

ディプロマポリシー

豊橋創造大学短期大学部で所定の単位を修めた者は、本学の建学の精神と教育理念に基づいた、以下の基準を満たしていると認め、短期大学士の学位が授与される。

幼児教育・保育科:短期大学士(教育学)
  1. 保育に関する専門的な知識や技能を修得している

  2. 保育者としての意欲・責任感・使命感を身につけている

  3. 他者とコミュニケーションをとることができ、協働できる

  4. 自他ともに大切にし、他者を思いやり受容できる

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。