豊橋創造大学 受験生応援サイト

豊橋創造大学
受験生応援サイト

イベント情報

理学療法学科3年
濱井 詩織 Hamai, Shiori

患者さまやご家族から
信頼していただけるよう、人間性も磨きたい。

「理学療法学臨床実習Ⅰ」で総合病院を訪れました。はじめは緊張しましたが、リハビリテーションを行う患者さまと会話を重ねるうちにその人のことを理解し、温かい気持ちで接することができるようになりました。印象的だったのは、先生方が患者さまとはもちろん、そのご家族とも丁寧なコミュニケーションを図られていたことです。ご家族は、患者さまを励まし支えるためにどう接したらよいかと悩まれるもの。ご家族もリハビリテーションに貢献するひとりだと考えて、親身にお話をうかがうことも、理学療法士の大切な役割のひとつなのだと知りました。私も信頼していただける理学療法士をめざし、知識や技術とともに人間性も磨きたいと思います。

理学療法学科3年
高坂 翔人 Kosaka, Hayato

現場でそのまま生かせる
技術や知識を身につけています。

2年次の「物理療法学」や「理学療法評価学」では、講義に加えて実技も学びます。実際に人間の体を動かして学ぶと興味は深まり、さらに1年次に「解剖学」で学んだ筋肉や骨の動きを確認できるなど、基礎医学に対する理解も深まりました。また、機器の操作も実践。近年リハビリテーションの現場では、患者さまの評価や治療のために多くの機器が使用されるので、操作方法を覚えることはとても重要なんです。このように現場で生かせる技術や専門知識を身につけることによって、普段の意識まで変化したことを実感しています。気づくと道行く人の歩き方を観察していたり、「この筋肉痛は、何筋が痛いのだろう」と考えたりするようになりました。

看護学科 2年
佐藤 世一 Sato, Seiichi

自分にとっての看護を
発見することが 学びのテーマです。

高校時代、病院で検査を受けたときにそこで働く男性看護師と話す機会があり、仕事についていろいろと教わりました。その話に胸を打たれ、人の役に立てる看護の仕事をめざしました。どの科目も大切ですが、現在は成育看護論の母性と小児を特に興味深く学んでいます。どんどん成長する子どもたち。その成長段階に応じた看護実践を学ぶのは難しい分、やりがいも感じています。1年次に基礎看護学方法論の先生から「看護は、看護師の数だけある。みんなも自分の看護を見つけなさい」と言われたことが印象に残っています。今はまだ漠然と「将来は小児科で働けたらいいな」と考えていますが、この学部で学び、自分の看護を早く見つけたいと考えています。

看護学科 3年
原田 美季 Harada, Miki

患者さまの思いに応える
看護技術の大切さを 実習先で学びました。

2年次の基礎看護学Ⅱ実習では実際に患者さまを担当させていただき、食事や入浴といった日常生活の介助を行いました。患者さまのライフスタイルに応じた“教科書どおり”ではない看護が必要なのですが、実習生の私には心に余裕がなく、自分で立てた行動計画を優先させてしまったこともありました。患者さまのためのケアが、技術練習のようになってしまったことは大きな反省点。「患者さまが今何をしたいのか」を理解するなど、その場の状況判断が大切だということを学びました。また、患者さまとの信頼関係を築くためのコミュニケーション技術の重要性や、個別性を重視した看護を行うには基礎技術の定着が欠かせないことなどを学んだ2週間でした。

経営学部2年
岩月 美和

体験型の授業を通して
働くことへの意識が変わりました。

1年次の科目「キャリア形成」は、毎週いろいろな分野の企業の方が来てくださり、ご自身のキャリアを中心に、貴重なお話を聞くことができました。また、各種企業を訪問して見学し、説明を受けた「就業体験講座」も興味深い経験でした。こうした授業を通して私は、仕事に対する意識が変わったと感じています。働くことは、お金を稼ぐ手段であるだけでなく、働き方によっては“生きがい”にもなることが実感できたのです。

経営学部2年
長谷川 摩周

多様な企業を訪問し、
将来役立つ知識を獲得。

私にとって経営学とは、店(売る側)の経営を学ぶことでした。しかしこの講座では工場(作る側)を中心に学習できたため、商品の流通はすでに製造段階から始まっていることが理解でき、視野が広がりました。また、多様なジャンルの企業を訪問し、会社の組織と業務分担、社内コミュニケーションといった“ビジネスのなんたるか”を学べたことは、将来の進路選択にも役立つと感じています。

幼児教育・保育科2年
河野 衣美 Kouno, Emi

子どもたちのために
もっとピアノを練習します!

ピアノは中学校まで習っていましたが、高校時代は中断していたので、入学当初はほとんど弾けなくなっていました。それでも、授業では先生方から個人レッスンが受けられるし、授業がないときは自由に使えるピアノ室で自主練習するうちに、少しずつ弾けるように。保育実習では教室で実際にピアノを弾き、それに合わせて元気に歌ってくれる子どもたちを見て、もっと練習を頑張ろうと思えました。まだレパートリーは少ないけれど、自分の中では大きな成長だと感じています。

キャリアプランニング科2年
彦坂 美香 Hikosaka, Mika

厳しく難しい授業だけに
学ぶ手応えも感じます。

長谷川先生が指導する医療事務の授業は緊張感に満ちています。授業は厳しく内容も難しい分、理解できたときの達成感は大きいですね。検定試験が近づくと授業のほかに補講も開いてくださり、過去問題や先生作成の問題を解いています。私は1年の秋学期に3級試験を受けて合格。現在は春学期の2級試験に向けて勉強を続けています。将来はここで学んだ知識と資格を生かし、健康問題で困っている人の生きる力になれたら、と思っています。

  • スマホアプリ豊橋創造大学情報BOOK
  • Facebookページ
  • Twiiterサイト
  • YouTubeサイト
  • LINE