カリキュラム

履修の流れ

1年次 専攻領域の決定
リハビリテーション学領域
または看護学領域
基礎科目の学習

2年次 専攻領域の
専門科目の学修
課題研究科目による
修士論文の完成
論文審査
最終試験

カリキュラム

基礎科目
健康科学特論Ⅰ 人の生活行動に関係の深い運動系を中心に、神経系、運動器系、呼吸循環器系の構造や機能、病態について専門知識を学び、心身機 能、身体構造の理解をめざします。
健康科学特論Ⅱ ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)に基づく「人間の生活機能と障害分類法」に従い、「活動と参加」について、障害者、高齢者、家族、健康増進の視点から学びます。
専門科目
リハビリテーション領域
障害回復支援理学療法論 運動器障害、中枢神経障害、神経系機能障害および循環器障害の概要を理解し、治療・介入方法の歴史的考察、最近の諸説と論点を理 論的に統合。新たな実践体系を構築するための理論展開をはかります。
病態運動学論 関節への生体力学的作用を理解し、リハビリテーションを行う上で問題となる運動器障害の病態と、各種動作に及ぼす影響について学 修。その効果的な機能再建方法についても学びます。
理学療法教育論 理学療法学領域で行われる教育活動ごとの内容を精査して、方法論、効果的な教授活動、効果判定法に検討を加え、効果的な講義と実技のあり方について学修します。
運動機能解析学特論 三次元動作解析装置や筋電図を用いた運動機能の解析と、その結果に基づいて姿勢や動作能力の改善を計るためのリハビリテーション手法を学びます。
生体機能学特論 機能回復・維持・増進のための方策の計画・立案などに関する知識を修得。特に骨格筋機能に焦点を当て、さまざまな刺激に対する応答から生活の質(QOL)および健康の維持増進について学修します。
終末期リハビリテーション特論 終末期に向かって展開されるリハビリテーションとしてどのような介入が可能か考察して、リハビリテーション技術のあり方と効果について学修します。
看護学領域
看護倫理論 看護倫理の意義とその必要性について哲学的、理論的、社会的な見地から考察でき、「倫理」の概念、本質、原則、倫理的なジレンマについての理解を目指します。同時に、生命倫理の歴史的な背景、変遷と現在の社会的な要請の見地等について学修します。
看護理論 WHOおよびわが国における健康政策を基本に、看護の対象者のすべての人々、特に一次予防の意義の理解と支援方策を学習し、健康 の保持、増進施策を学修します。
コミュニティーヘルスケア特論 看護理論および周辺諸理論を体系的に理解し看護実践への活用を目指します。この活用に向けて、看護理論を体系的に概観し、諸理論の変遷と内容的構造と特徴について学修します。
在宅・家族看護学特論 在宅看護学及び家族看護学の学問を用いて、在宅看護の質の向上と対象者のQOL向上につながるよう、地域の中で療養している人と家族を総合的に捉え、日常生活の自立に向 けた、在宅における看護の役割について学修します。
実践看護基礎学特論 看護学全体の内容的な構造を検討した上で実践基礎看護学の意義、位置づけを考察します。また、看護の本質をふまえた上で、看護理論の活用、臨床判断や看護診断、効果的な援助方法の開発、看護の倫理的課題などの研究成果について検討し、課題の探求をします。
専門基礎領域
地域健康支援論 生活習慣病予防、介護予防などの健康支援対策について、その対象、方法、効果の先行研究および先行事例を通して考察。地域におけ る生活者の健康を守るための支援の在り方を探求します。
適応生理学論 生活の質(QOL)や健康の維持増進について、骨格筋を対象にさまざまな刺激(ストレス)に対する生体応答と適応機構に関する知 識など多角的な視点から健康を取り巻く知識を修得します。
医療統計論 健康科学領域における統計処理で重要な問題として、(1)対象者の多彩な身体状況をどのように数量化するか、(2)数量化された データをどのように処理するか、の2点を中心に取り上げます。
生体構造論 細胞の生体膜系の分子構築と超微構造、細胞の形態維持と細胞運動に関連する構造、細胞レベルの情報伝達系および個体レベルの構造 と情報伝達系について解説します。さらに、生体構造の形成・維持の制御機構解明の方法論を考察します。
研究論 社会調査、疫学研究さらには実験的研究など、各種研究の持つ意味と目的を理解するとともに、研究を通して問題点の把握、研究計画 の立案、解決方策の探求、課題のまとめ方を学びます。
対人コミュニケーション論 視線、顔、音調などの非言語的情報から音声言語・文字などの言語的情報まで、ヒトならではのコミュニケーションについて学びま す。また、現代社会における対人コミュニケーションの重要性と問題点についても検討します。
コンサルテーション論 コンサルテーションに関連する理論や概念、具体的援助方法について学修します。
老年期地域健康支援論 生活習慣病の予防や介護予防など地域の老年期の健康支援対策について、その対象、方法、効果判定、調査研究方法、そして他職種と の連携構築について学修します。
課題研究科目
健康科学特別研究Ⅰ
健康科学特別研究Ⅱ
健康科学特別研究Ⅲ
運動・行動の身体活動を中心としたリハビリテーション、健康と地域社会の関わり、生涯にわたる健康支援や健康維持・増進するため の看護ケア、およびそれらの関連領域についての研究・論文指導を行います。
【主な研究指導領域】
●運動機能解析学 ●生体機能学 ●母性看護学 
●コミュニティーヘルスケア学 ●終末期リハビリテーション学 ●在宅・家族看護学 ●その他
研究指導一覧

履修モデル

基礎科目 リハビリテーション領域 看護領域 専門基礎領域

①神経系障害・回復を支援する理学療法のプロをめざす
障害により低下した生体機能の回復を支援する深い知識・技術の獲得をめざす。
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
生体構造論 解剖学の知識を深める
障害回復支援理学療法論 理学療法ならびに広範な支援術について学ぶ
対人コミュニケーション論 リハビリテーションに必要なコミュニケーションを学ぶ
研究論 研究手法について学ぶ
病態運動学論 障害による身体運動機能の変容と評価の知見を学ぶ
運動機能解析学特論 運動機能の解析について深く研究する
②動作運動特性の分析を基礎にしたリハビリテーション治療学のプロをめざす
病態運動学分野の専門性を高め、運動学的分析技術とその臨床応用を修得する。
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
生体構造論
適応生理学論
生体に関する最新の知見を学ぶ
コンサルテーション論 医療現場におけるコンサルテーションを学ぶ
研究論
医療統計論
研究手法とデータ解析法について学ぶ
生体機能学特論 生体機能について深く研究する
③地域において健康の予防・増進に関わる企画・管理をめざす
看護学を基盤に、生活健康支援についての知識と技術を学ぶ。
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
対人コミュニケーション論 指導者としての資質を獲得する
生体構造論 生体構造に関する最新の知見を学ぶ
コンサルテーション論
老年期地域健康支援論
地域保健医療現場における健康支援について学ぶ
研究論
研究手法について学ぶ
コミュニティーヘルスケア特論 健康推進と看護学について深く研究する
④終末期リハビリテーションなど地域リハビリテーションのプロをめざす
地域連携を基盤に、生活健康支援についての知識と技術を学ぶ。
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
障害回復支援理学療法論 理学療法ならびに広範な支援術について学ぶ
理学療法教育論 理学療法教育に関する最新の情報を知る
老年期地域健康支援論
対人コミュニケーション論
地域住民とくに老年期における健康支援について学ぶ
医療統計論 データ解析法を身に付ける
終末期リハビリテーション特論 地域の健康支援について深く研究する
⑤地域療養生活支援における指導的立場にある専門職をめざす
地域における多職種連携を基盤に、療養生活支援についての知識と技術を学ぶ。
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
適応生理学論 環境の変化に対するヒトの生理機能の変化を学ぶ
コンサルテーション論
老年期地域健康支援論
対人コミュニケーション論
地域医療現場における健康支援について学ぶ
研究論
研究手法について学ぶ
在宅・家族看護学特論 在宅看護と家族看護について深く研究する
⑥看護実践や教育の場で専門職として質の高い実践・教育・研究が出来る人をめざす
看護の本質をふまえたうえで、看護理論の活用、臨床判断や看護診断、効果的な援助方法の開発、看護の理論的な判断など質の高い看護実践に向けた知識・技術を探求する
健康科学特論Ⅰ
健康科学特論Ⅱ
健康支援の概念を学ぶ
看護理論 看護理論とその活用について学ぶ
看護倫理論 看護における倫理、研究倫理を学ぶ
コンサルテーション論
対人コミュニケーション論
看護ケアの基礎となる方法論を学ぶ
研究論
研究手法について学ぶ
実践看護基礎学特論 看護実践の基盤となる看護学について研究する

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。