大学院健康科学研究科「職業実践力育成プログラム」(BP)の概要を掲載しました。

更新日:2017年4月1日

この度、豊橋創造大学大学院健康科学研究科健康科学専攻修士課程は、文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP: Brush up Program for professional)に認定されました。

職業実践力育成プログラム 認定ロゴマーク

『「職業実践力育成プログラム」(BP)』

大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムとして文部科学大臣が認定するものです。

「大学等における職業実践力育成プログラムの認定に関する規程」(平成27年文部科学省告示第124号)に基づき、平成27年12月15日に初回認定課程として本研究科の課程を含めて123課程が認定されました。詳細は、文部科学省ホームページ http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/bp/1365280.htm をご参照ください。

事業概要

豊橋創造大学大学院健康科学研究科の正規課程は、地域社会が必要とする保健・医療・看護・介護・福祉を含む健康科学分野における総合的かつ多角的な視点を有した有能かつ指導的役割の果たせる優秀な人材養成のため、保健医療学部(リハビリテーション学部)理学療法学科および看護学科を基礎としています。本研究科では、疾病の予防、回復ならびに健康づくり支援の理念に立ち、生活健康支援および障害予防支援に係る技術的課題および諸支援活動のマネージメントに係る現代的課題に応えるため、リハビリテーション学および看護学を統合して総合的かつ多角的な視点から専門的知識・技術の研究を進めるとともに、これらの分野において先進的知識・技術を普及できる実践者、指導者、研究教育者の養成を目的とし、該当分野の指導的立場に立てる人材を養成するとともに、その成果を社会に還元することが期待されます。

 様式1(職業実践力育成プログラム(BP)への申請について) →  様式1のPDF 【183KB】
 様式2(授業科目の概要) →  様式2のPDF 【118KB】

認定プログラムの概要

【大学名】豊橋創造大学大学院
【課程名】健康科学研究科健康科学専攻
【責任者】研究科長 後藤勝正
【認定の課程】正規課程
【対象とする職業】理学療法士、看護師、保健師、作業療法士等 の医療福祉領域、社会福祉領域、人間工学や建築、リハビリテーション工学等の工学領域、臨床心理学などの心理学領域、社会教育学等の教育学領域、体育スポーツ等の健康領域、健康支援施設経営等の経営学領域の仕事に従事している方
【その他】厚生労働省「教育訓練給付金(専門実践教育訓練)指定講座」として指定


なお、本研究科の正規課程は文部科学省認定の職業実践力育成プログラム(BP)として、社会人の受講しやすい工夫(夜間開講〈昼夜開講制〉、長期履修生制度、IT活用〈ビデオ会議システムを利用した遠隔授業〉、集中開講、パソコン貸与制度、研究奨励制度)や本研究科のBPプログラムに対する企業等の意見を取り入れる仕組みをはじめ自己点検・評価、修了者の状況に係る効果検証を通して社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムとして日々改善に努めます。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。