大学院健康科学研究科 厚生労働省「教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)指定講座」の概要を掲載しました。

更新日:2016年3月4日

豊橋創造大学大学院健康科学研究科の正規課程は専門実践教育訓練施設として厚生労働大臣より指定を受けました。
中長期的なキャリアアップを支援するため、一定の条件を満たした方が平成28年度以降、本研究科に入学し2年間で修了した場合は、給付を受けることが可能となりました。

教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)

 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練(豊橋創造大学大学院健康科学研究科 正規課程)を受講している間、また、修了した場合、その受講のために本人が豊橋創造大学へ支払った教育訓練経費の一部(年間上限32万円)を、ハローワークから支給する制度です。
 また本研究科を修了し、修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合又は雇用されている場合は、更なる給付が受けられます。
なお、一定の条件を満たした場合の総給付額は最大で96万円になります。

 本学の訓練講座の詳細は明示書をご確認ください。PDF   明示書(PDF) [256KB]
 厚生労働省「教育訓練給付制度について」もご確認ください。  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/kyouiku/index.html

支給対象者

1.豊橋創造大学大学院健康科学研究科へ平成28年4月以降入学し、2年間で修了する方
2.雇用保険の被保険者であった期間

  • 初めて支給を受けようとする場合は2年以上
  • 過去に受給を受けた場合は前回の教育訓練給付金受給から今回の受講開始日前までに10年以上経過していること。
  • 平成26年10月1日前に旧制度の教育訓練給付金を受給した場合であって、初めて専門実践教育訓練を受給しようとする場合は、2年
  • 平成26年10月1日以降に旧制度の教育訓練給付金又は一般教育訓練給付金の支給をうけた場合は10年以上

専門実践教育訓練給付の申請手続き

 手続きは、給付を受けようとする方が本人の住居所を所管するハローワークにて行います。
 受講開始日(入学日)の1ヶ月までに手続きを行う必要がありますので、くれぐれもご注意ください。

本学の指定講座に関するお問い合わせ

 豊橋創造大学大学院健康科学研究科
 050-2017-2117(研究科直通)または050-2017-2102(教務課)
 E-mail:  healthscience@sozo.ac.jp

制度に関するお問い合わせ

 支給を受けようとする本人の居住所を所管するハローワークでご確認ください。
 ハローワークの案内  http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。