豊橋市と本学が共催で、「こども未来お仕事フェア」を開催!

2022年11月12日、「保育園・幼稚園・こども園の魅力発見」をテーマにした「こども未来お仕事フェア」が本学を会場に開催されました。豊橋市内の保育施設の代表や有志からなる「未来の保育者を育てる会」が主催し、豊橋市と本学の共催で実施されました。
保育者に興味のある中学生や高校生、地元就職を考えている保育学生、保育士の資格などを生かしたいという人たちが来場しました。
会場には、市内63園の出展ブースが並び、絵や写真などを通して園の活動などを紹介。
来場者は、保育の仕事を体験したり、各保育施設の展示をみたり、現役保育士と交流を深めたりしながら、保育や幼児教育の魅力に触れました。
保育者養成大学相談コーナーでは、豊橋創造大学短期大学部、岡崎女子大学・短期大学、愛知学泉大学・短期大学が出展し、大学での学びについて説明。市保育課の担当者による就職支援コーナーも設けられました。
「未来の保育者を育てる会」を代表して明照保育園の中島章裕園長は、「保育という仕事は人間の成長に関われる素敵な仕事。今回のフェア開催を通して少しでも現場の風を届けることができれば」と期待を寄せました。
豊橋市の保育園、幼稚園、こども園、保育者養成大学と行政が一体となって実施した今回のイベントは、県内でも初めての試みで、各関係機関からも注目されました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP