SDGsに取り組む学生たちが「SDGsフェス@TOYOHASHI」に出展しました!

「未来へつなぐ はじめの一歩 今からはじめるSDGs!」と題して2022年11月12日(土)と13日(日)、豊橋市のこども未来館ここにこで開催された「SDGsフェス@TOYOHASHI」に、本学学生たちも出展・参加しました。
会場には、豊橋市を中心とした企業と市内3つの大学の計15団体が出展。
本学からは、CoderDojo豊橋(経営学部今井ゼミプロジェクト)参加学生によるワークショップ「廃材を使ったLEDプログラミングを体験しよう」、経営学科鈴木ゼミや他学科の学生とも連携した「SDGs新商品開発クラウドファンディング・プロジェクト」の展示と「クイズで学ぶSDGs」、短期大学部キャリアプランニング科瀧崎ゼミ生による「SDGsすごろく」を実施しました。
展示では、「カレーから考えるサステナブルな未来」と題して行われたワークショップ「カレーの衝撃」、経営学科の学生による「豊橋ソーラーエネルギー活用プロジェクト」の報告、幼児教育・保育科の学生による「”みんなちがっていいんだよ”が伝わる絵本の紹介プロジェクト」の活動の様子を紹介しました。
豊橋市によるとフェス全体の入場者数は、2日間で、延べ2200人。未就学児や小学生の子どもを連れた親子の来場が多くありました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP