「まちなか図書館」で乳幼児へのエプロンシアターを演じました

幼児教育・保育科は、豊橋市との連携事業企画の一環である「子育て支援活動」として、第一回目5月18日水曜日、まちなか図書館にて、幼児教育・保育科の2年生「井中セミナー」がエプロンシアターを実施しました。0歳から2歳までの親子の方々にきていただき、学生たちは子どもたちはもちろんのこと、お母さん方ともお話しをさせていただき、益々子育てというものへの興味を持ち、保育者になることへの意欲とやる気をさらに感じさせていただくことが出来ました。自分たちで制作しているものを0歳児でも楽しんでいただけることに、仕事へのやりがいを改めて味わうこともでき、学生全員がこの取り組みに対しての充実感を感じていました。また、高校生さんたちも図書館に多くいらっしゃったため、この活動に興味を持って観てくださるなど、地域の方々との関りの範囲が広がっていくことを認識しました。これからも定期的に幼児教育・保育科が「まちなか図書館」にて活動させていただきますので、よろしくお願いします。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP