豊橋わかば議会発表会で、キャリプラ1年の豊田菜々美さん、提案プレゼン

2021年10月28日、豊橋市をより良くするために、若者委員が政策を提案し事業化を目指す「豊橋わかば議会」の政策提案発表会が行われ、本学短期大学部キャリアプランニング科1年生の豊田菜々美さんが、プロジェクトチームの一員として、提案プレゼンを行いました。
プレゼンでは4チームが発表。
豊田さんのチームは、「就活生サポートイベントby市内企業採用担当」を提案。
はじめに、豊橋の人口減少の要因の一つに就職を契機とした大学生の市外流失があると問題点を挙げ、大学生が地元企業を知り、就職先として選択肢に加えるようにするためにはどうしたらいいかを考え、就活生サポートイベントを提案しました。
発表は寸劇風に行われ、インタビュア役の豊田さんが進行役となって行われました。
4チームすべての発表が終わった後、浅井由崇豊橋市長が総評し、「豊橋市のいろいろな課題に関心を持ってもらった。それぞれの世代にリーダーになってもらい、積極的にまちづくりに挑んでほしい」と今後への期待を伝えました。
豊橋創造大学は、地域の未来を創造する大学として、地域とともにある(地域社会に開かれた教育機関)をスローガンに掲げ、チームで地域課題に取り組む教育を実践しています。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP