衆院選移動期日前投票所を本学に開設。公務員別科の学生2名が投票立会人を務める。

衆院選の期日前投票所として豊橋市では2021年10月27日(水)から29日(金)まで、豊鉄バスを活用した移動期日前投票所が市内6カ所を巡回しました。
本学も社会貢献活動の一環として学内施設の一般開放促進に取り組んでおり、本学第2駐車場を開設場所として28日(木)午前10時から午後2時まで開設しました。
また投票立会人として本学短期大学部公務員別科の男子学生二人が、移動期日前投票所のバスに乗車しました。「どんな形でもいいから選挙に携わってみたい」という想いでこの仕事に立候補したという男子学生(原田翔也君)は、「投票の仕方が分からない方が意外にも沢山いたことに驚きました。良い社会をつくるためにはみんなが選挙に参加することが必要だと『1票の重さ』を感じることができました」と述べ、もう一人の男子学生(岩田陽太君)は、「選挙で投票する若者が少ないなと感じました。自分の一票が国を変えることがあると思うので、是非とも投票に来て欲しいと思いました」と話してくれました。
この日は秋晴れの一日で、近所の人と連れ立った人たちや、本学の学生や教職員も訪れ、投票を行いました。
市選挙管理委員会によると本学に開設された移動期日前投票所では182人が投票しました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP