コロナ禍、在学生を中心に「群青」をテーマに第26回「創造祭」を開催しました!

2021年10月23日(土)と24日(日)の2日間、「群青」をテーマに、在学生及び2021年3月卒業生のみの参加で、「創造祭」を開催しました。
コロナ対策として、模擬店の出店にも厳しいルールを設けるとともに、検温などの入場受付を完了した人たちにはリストバンドの装着を徹底し、そのうえで実施しました。
模擬店やイベント等は縮小されましたが、学内のあちこちに貼られたQRコードを見つけて豪華賞品を当てる「QRコードでお宝探し」や、大学初の「ミス・ミスターコンテスト」など新規企画も行われました。
恒例のお笑いライブでは、7組の芸人を呼んでアリーナで実施。事前予約とし60~70人の入場者があり、拍手で盛り上げました。
また、飲食の模擬店が少ないことからキッチンカーを呼び、学内ににぎわいの雰囲気をつくりました。
学科のイベントでは、短大部キャリアプランニング科のプロジェクトの一つでもある「勝手にまちなか図書館応援隊」がワークショップを実施。豊橋のまちなか図書館のオープンイベントに提案したいと考えている「英字新聞でエコバッグ作り」を行いました。
理学療法学科恒例の体力測定も実施され、学生たち同士で和やかな雰囲気のなかで行われました。
これらの企画については、地域の未来を創造する大学として地域連携(社会貢献)事業の一環として取り組んでいます。
コロナ禍での大学祭。創造祭実行委員からは、コロナ禍で学生間の交流が極端に減ってしまったことをあげて創造祭開催の意義を語り、「一人一人の力を合わせることで創造し、人間関係を築くきっかけの場になれば」と思いを語っていました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP