看護学科助産師選択コース3名 藤ノ花女子高等学校にて健康教育実施

2021年7月10日(土)、「自分のカラダを知ろう!~妊孕性(にんようせい)ってなに?~」をテーマに、健康教育を実施しました。対象者は看護系進学を考えている3年生20名でした。
今回、私たちは、思春期から性成熟期に向かう高校生が女性の健康に関する正しい知識を持つことで、“健康なカラダ”に対する意識を高め、妊娠を希望するときに妊娠できる素地を形成するきっかけとなる話題を提供することにしました。また、予防的観点から、妊孕性とその関連要因及び適切な対処法について知ることができる、を目標にしました。
体験学習では、妊婦体験、赤ちゃん抱っこ、講義内容に関するクイズを行いました。妊婦体験では、「妊婦さんの大変さがわかったので、席を譲ってあげようと思った」「こんなカラダで家事をしていたお母さんを尊敬します」などの声がありました。
今回の健康教育を通して、人に伝えることの難しさと楽しさを知り、人にかかわる職業として、今後も学びを深めていきたいと感じました(看護学科助産師選択コース3年 記)。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP