第36回「青い空コンサート」を行いました。

幼児教育・保育科の学生たちは、2月10日水曜日に「青い空コンサート」を行いました。
今年度はコロナ禍により、学内のみの開催となり、テーマパーク形式での上演としました。一回の公演では6名から8名を観客とし、会場も窓の開放サーキュレーターの使用、手指消毒と検温など感染予防対策を徹底した実施となりました。
オープニングは「歓迎の曲」「カップスのリズム演奏」で始まり、ミュージカルは学生の原作による「リリーと仲間たち」を上演しました。歌やセリフなどは事前の録音としましたが、各ブースごとによる、ダンス・影絵・演技・BGM演奏は実際に生の活動とし、合計10回の公演をやり切りました。声を出すことのない公演でしたが、学生たちの白熱の演技によって感動で終えることが出来ました。今年度のお話の内容は、「国難の時代」へ立ち向かう勇気と希望を表現したもので、一年生へのメッセージもしっかりと伝えることが出来たのではないかと思います。実施できるか否か、不安しかなかった2年生たちも、36回という伝統ある「青い空コンサート」を一年生に繋いでいくことができ、涙で幕を閉じました。ありがとう2年生!!そして卒業おめでとう!!

当日の様子はこちらからご覧いただけます。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP