地域の未来を創造する産学官連携活動
経営学部プロジェクト活動「蒲郡アピールProject Webサイト公開」記者発表しまた!

豊橋創造大学経営学部は、去る2021年1月28日(木)、蒲郡市役所にて、蒲郡市の魅力をアピールする「蒲郡アピールproject」のWebサイト制作発表記者会見を開きました。記者会見には、連携先の蒲郡市産業環境部観光商工課の担当者や観光関係者らが参加しました。
今回制作発表したWebサイトは、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策で外出控えが続く中、「お家で旅行気分 新しい蒲郡を見つけよう」をテーマにサイトを制作しました。テイクアウト(お持ち帰り)できる飲食店情報や、「非来訪ツアー」と題して、特産物を使ったレシピや通販サイトなどを紹介しています。特に力を入れたサイトの一つは、テイクアウト店情報約130件を、「和・洋・中・その他」にジャンル分けしてグーグルの地図検索サービスで示しています。プロジェクトメンバーは、「視覚的にわかるように工夫したり、多くの情報をまとめて見やすいように心がけて作りました。」と話しています。
本学と蒲郡市が連携したプロジェクトは、3年目を迎えています。今後、ますます連携を深めていきたいと考えています。

【プロジェクトの詳細ページ】 http://ba.sozo.ac.jp/archives/9929
【蒲郡アピールプロジェクトのページ】 http://project-gamagori.sozo.ac.jp/

【経営学部の特徴】
豊橋創造大学経営学部の最大の特徴は、PBL(プロジェクトに基づく学習)科目「創造プロジェクト」です。少人数の学生がプロジェクトチームを結成し、経営やビジネスに関する企画を立案します。そして教員の指導も受けながら、企業や自治体など学外の方々の協力も取り付けながら実際にプロジェクトを遂行します。この過程で学生は、経営・会計・ICTの知識を活用して問題解決を図る力を身につけます。また、そのために必要なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、リーダーシップや協調性なども養われます。

【経営学部紹介ページ】 http://www.sozo.ac.jp/department/business/

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP