本学学生が参加するインカレサークル「豊橋日曜学校」が春の緑綬褒章を受章

春の褒章受章者が2020年4月28日付で発表され、東三河からは1団体3人が受賞しました。
団体として緑綬褒章を受章した豊橋日曜学校は、本学学生も参加する団体です。
豊橋日曜学校は、豊橋近郊に住む心身障害のある子どもとお出かけをしたり遊んだりして、1日を共に楽しく過ごすことを目的とした学生によるサークルです。現在、豊橋技術科学大学、愛知大学、豊橋創造大学などからの学生40人程で構成されています。交流を中心とした活動の継続が障害児福祉の向上に寄与してきたことが評価されました。

豊橋日曜学校に参加する本学学生の下田菜奈恵さんのコメント
豊橋日曜学校では知的障害を持った子どもたちと学生が考えたゲームや工作などのカリキュラムを月に1回行っています。
私自身、最初は障害を持つ子どもたちとどのように関わっていけばいいのか分からずに参加しましたが、今では個性的でとても可愛い子どもたちと楽しく活動に参加しています。
8月にはキャンプ、10月には運動会、12月にはクリスマス会、3月には卒業式など、季節にあった行事も行っており、1年を通してとても楽しく活動しています。
私の大好きなこの豊橋日曜学校が緑綬褒章を受章し、私たちの活動をより多くの方に知ってもらうことができ、とても嬉しく思います。
これからもこの豊橋日曜学校という素晴らしい活動を続けていきたいと思います。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。