経営学科3年 自己理解促進プログラム 模擬面接講座を実施しました

経営学科3年生を対象に2月6日(木)・7(金)の2日間集中で自己理解促進プログラム 模擬面接講座を実施しました。今年度は就職活動の早期化を想定し、10月に準備編として自己分析講座を実施、12月に基礎編として模擬面接体験講座を実施しました。その集大成として2日間の実践講座を行い、1日目はプロのキャリアコンサルタントによる集団面接および個人面接レッスンを実施、2日目はOB面接官として地元企業で働く卒業生の人事担当者にお越しいただき本番さながらに模擬面接を実施しました。
学生達は2日間で集団面接を5回、個人面接を5回体験し、キャリアコンサルタントやOB面接官から熱い指導を受けて、面接の基本を学びました。
3月1日に就活解禁を受けて、学生達の就職活動は始まりましたが、今年は新型コロナウィルスの拡大を受けて、各所の合同企業説明会が中止されるなど混乱の中で本番を迎えていますが、キャリアセンターとしては学生個々の不安や悩みをきちんと受け止め真摯に相談に応じたいと思います。
経営3年生の皆さん就活頑張ってください!

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。