幼児教育・保育科の学生たちが「We can子育てプラスワン」を実施しました。

豊橋市市民協働推進補助事業「わかば補助金」の採択を受け、本学短大部幼児教育・保育科の学生たちの「We can子育てサークル」が、9月28日と12月21日に「We can子育てプラスワン」を実施しました。
子育て中の親子が、幼児教育・保育科の学生たちと触れ合い、一緒に活動することで、精神的なストレスや悩みを軽減させ、また子育てにプラスとなるような支援をすることを目的としました。
12月21日は、「We can子育てプラスワン」Bコースが実施され、大学近隣の親子6組、12人の子どもたちが参加。前半は保育実習室で、歌遊び、手遊び、制作遊びを行い、幼児教育・保育科の学生たちと一緒に楽しい時間を過ごしました。
後半は、多目的ホールに移動し、学生たちによるクリスマスコンサートを楽しみました。
今回は、イベントの様子を、オープンキャンパスで訪れた高校生たちが見学。大学での学びの一端を伝える機会にもなりました。
「わかば補助金」は、若者による地域の課題解決や活性化に取り組む公益な活動を応援する事業で、2019年度は、本学から6つの企画が採択されています。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。