第23回創造祭、「百花繚乱」をテーマに開催!

10月27日(土)28日(日)、第23回創造祭を開催しました。今年のテーマは、「百花繚乱」。

「“百花繚乱”の“百花”に、アイデア、才能、個性という意味を込め、創造祭に関わる一人ひとりの花が咲き乱れるようにという願いを込めてこのテーマにしました」と創造祭実行委員会委員長の山本実由さん(キャリアプランニング科2年)。今年は二日間とも晴天に恵まれ、さまざまなイベントと33の模擬店でにぎわいました。

27日のメインステージでは、大道芸やダンス、藤ノ花女子高校日本拳法部の試合演武、桜丘高校和太鼓部の演奏。グランドでは、恒例の豊橋創造大学学長杯サッカー大会が行われました。

28日には、創造祭名物「お笑いライブ」があり、人気芸人のカミナリとゾフィーによるライブが行われ、大いに盛り上がりました。

各教室では、学部や学科、ゼミによる展示や体験型イベントのほか、とよはし手話フェスティバルなど、学外の団体との協賛企画も実施されました。

経営学部の今井ゼミプロジェクトでは、子ども向けプログラミングの体験を実施。Pepperも展示しました。毎回好評の幼児教育・保育科1年生による「SOZOわいワクひろば」には多くの親子連れが訪れ、学生たちといっしょにさまざまな遊びを体験。また、恒例行事となった理学療法学科の学生たちによる体力測定では、子どもから年配の人まで多くの人が来場し、学生たちの説明に合わせて体力測定を行い、楽しみました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。