幼児教育・保育科 ネイチャーゲームリーダー 16名誕生

「子どもと生活」受講生16名が、(公社)シェアリングネイチャー協会の検定に合格し、ネイチャーゲームリーダーになりました。ネイチャーゲームは、1979年にアメリカのナチュラリスト、ジョセフ・コーネル氏によって発表された自然体験プログラム。様々なアクティビティを通して、自然の不思議さや仕組みを学び、自然と自分が一体であることに気づくことを目的としています。

受講生からは、「何もないと思っていた大学の中にも、自然はいっぱいあるんですね」や「葉っぱ一枚でも、遊べるんですね」といった驚きの声や、木陰や川べりの風の心地良さに気づき、「もっと、ここにいたい」という声も聞かれました。また受講後には、「中庭に落ちている葉っぱ等が気になって…何かに使えそう!と思ってしまう」といった、ネイチャーゲーム効果も見られました。

皆、「早く子ども達と一緒にネイチャーゲームをやってみたい!」という気持ちに溢れています。きっと、子ども達に身近な自然の不思議さ、楽しさ、大切さを伝えていってくれるでしょう。


  • 大学にキノコ発見!

  • イーゼル作り

  • 色んな音が聞こえるよ

  • どの色かな?

  • 豊川の土手を登って…

  • 牛川の渡舟

  • 足音でわかるかな?

  • 人工物はどこ?

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。