ほうだ、吉田城へ行ってみりん

城ブームだ。2006年に財団法人日本城郭協会が「日本100名城」を選定したのがキッカケのひとつで、2007年には公式ガイドブックが発売され、スタンプラリーがスタートした。2017年には、「続日本100名城」に「吉田城」が選ばれ、続日本100名城でも今年からスタンプラリーが始まった。

名古屋城では、「本丸御殿」が完成公開され、天守閣木造復元事業が話題になり、「金シャチ横丁」は人で賑わっている。国宝の犬山城は、2017年7月に落雷で壊れた「しゃちほこ」を新規に作り話題になった。城下町では、かわいい団子が若者を集めている。

短期大学部キャリアプランニング科の今泉ゼミでは、プロジェクト活動のテーマとして、「お城ブーム」を採りあげた。教員が、豊橋市文化財センター学芸専門員の岩原剛さんを訪ね、「企画展 みかわの城 -吉田城と天下人-」のポスターとチラシをもらってきた。早速、学内に掲示した。

広報とよはし 平成30年7月号には、特集記事「吉田城へ行こう」が載っている。
https://cccc.backshelf.jp/bookview/?filseq=4407

本学の学生が、広報活動に協力している。(8ページ)
企画展(観覧無料)の関連イベントとして、グレート家康公「葵」武将隊(岡崎市)が7月29日(日曜日)に見参するという。
在学生も、吉田城を手始めに歴史に興味を持とう!

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。