豊橋市視聴覚教育センターで学外研修

一年生が入学して、2ヶ月が経ちました。入学当初の不安だった表情から、最近では徐々に笑顔が増え、クラスのカラーも出てきたようです。今回は授業の一環、野外活動として豊橋市視聴覚教育センターに出掛けました。

プラネタリウムでの星の観察~その魅力は勿論すばらしかったですが、「将来、自分たちが保育者として子どもを引率するなら」という目線で、何が必要であるのかを見つけることも今回の重要なテーマでした。

「集合場所にはトイレはある?どこにある?」「急病の時の病院への連絡はどのようにする?」「遅刻が出たらどうする?どのような連絡網を使う?」など、学生同士で話し合う姿は、いっぽいっぽ保育者へと成長していく様子が感じられました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。