東栄町に手作りコスメ体験に出かけました(伊藤ゼミナール)

伊藤ゼミナールは5月23日に東栄町にコスメつくり体験に出かけました。 豊橋駅を8時11分に出発して東栄駅に10時着、コミュニティーバスに乗り換えて10時40分くらいに到着しました。長い道のりでした。その道のりもコミュニティーバスを課題にするゼミナールにとっては大事な体験です。 会場の「のき山学校」は元小学校の木造校舎です。 学生たちはピアノを弾いたりして教室で楽しみました。 この会場ではnaoriの皆さんがコスメティック体験を実施されています。 東栄町で採掘されるセリサイトという鉱物がファンデーションの原料になっていて、その質、量ともに世界に誇れるものなのだそうです。

noriの鎰廣先生の指導のもと学生たちは世界に一つしかない自分用のファンデーションを作りました。 鎰廣先生の魔法のような指導で、出来上がったファンデーションは、ひとつひとつの色が異なり、作った学生の肌にピッタリ馴染んでいました。

豊橋から2時間30分先に素敵な体験をする場所があることを学生たちは知りました。この経験を活動に活かして欲しいと思います。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。