餅つき・生キャラメル

12月になり幼児教育・保育科の2年生は、恒例の「餅つき」と「キャラメル作り」を行いました。

「餅つき」では、もち米をお水に浸し、蒸かすところから始めました。自分たちでついたお餅を、餡子や大根おろし、きなこなど様々なアレンジを加えて食べました。

卒業前の楽しいひと時は、就職してからの貴重な体験にも結び付いており、記憶に残る時間を過ごすことができました。 また、生キャラメル作りでは、溶かす時間の正確さや、ヘラの回し具合など、微妙な手さばきと集中力でキャラメルの味が違うことを実感しました。甘くてしなやかな触感に感動するみんなの笑顔がとても印象的でした。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。