介護福祉士国家試験対策のための夏季セミナー

専攻科福祉専攻の学生3名と教員2名は、介護福祉士国家試験対策のために夏季セミナー合宿を8月28日から1泊2日で行った。場所は、一足早い秋を感じた東栄町の「とうえい健康の館」。学生のアンケートでは、学生は「合宿をしてよかった。勉強方法がわかった。なによりも集中でき、学習や食事を共に行った合宿活動は、有意義だった」と全員が回答していた。

地域の暮らしと支援のあり方
9月11日、専攻科福祉専攻の学生3名は、地域の暮らしと支援のあり方について学んだ。場所は、鳳来山の家の「しあわせ農園」、そこでさつまいもの収穫時期の確認や害獣防止の網張り、しいたけ小屋の準備等をオーナーの原田氏より説明を受けながら行なった。
また、山間地域で生きる人々のアクティビティな暮らし方の知恵を学んだ。
また、山間地域で人々の暮らしを支えているお店に立ち寄りお話を学生が伺い、山間地域の暮らしの特性とそこに住む独居高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくには、行政の政策が行き届かない地域の支えあい活動がなくてはならないことを肌で感じていた。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。