「介工ハッカソン」

専攻科福祉専攻科学生3名は、8月27日に「介工ハッカソン」に参加した。

介護ハッカソンは、介護に関する様々な提案や課題を理工系の学生や企業と連携したものづくりをグループで行う一連のプロセスをいう。参加者は、28名程度であり、5グループに分かれた。本学学生は、「創造プロジェクトで作成したカホンの音を視覚化できる方法をさぐりたい」と提案し、「もし、現実化されれば、創造プロジェクトの企画の波及効果はすごい」と、こころ踊らせていた。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。