「創造プロジェクト手作りカホン」

8月23日に専攻科福祉専攻学生3名により「創造プロジェクト手作りカホン」がC12教室で行われた。

覚・ろう重複センター楓」に通う3歳から18歳の子どもたち14名に手話通訳を介し40名がカホンづくりに挑戦した。講師を務める齋藤さん(つくで田舎レストラン代表)に材料手配から細かい準備作業をしていただき、1時間半で完成した。

成果発表の場として12月23日、豊橋市肢体不自由児(者)父母の会のクリスマス会で、「あわてんぼうのサンタクロース」「ビリーブ」を演奏する予定。

※この手作りカホンは、つくでの学校跡地の活用の一環で、始められたもの。学生の創造プロジェクトの、つくでの地域起こしにもつながり大変感謝されました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。