佐藤経営学部長、ミャンマーにてダゴン大学学長などと懇談

佐藤経営学部長は、2017年8月4日から9日にかけてミャンマー政府情報省の高官であるMr.Ye Htunの案内によりミャンマーのヤンゴンに滞在し、ダゴン大学学長(Rector)のDr.Hia Htay,ヤンゴン大学前副学長のDr.Win Ko、情報省局長(国軍大佐)Mr.U NAY MYOなどとミャンマーの経済事情、教育事情などについて外務省のインヤー湖の湖畔YANGON SAILING CLUBにおいて食事をしながら懇談を行った。

"ヤンゴンは、ミャンマー連邦の旧首都で、ヤンゴン管区の州都。旧名称はラングーン"である。"2006年、タン・シュエ率いる軍事政権により、ミャンマーの首都はネピドーに移され、首都移転以降も、ヤンゴンはミャンマー経済の中心地となっている

ヤンゴン市内には20校を超える大学があり、その中でヤンゴン大学が最も知られている。同大学は1878年に創設されたミャンマーで最も古い伝統を持っているものの、1988年、8888民主化運動後、軍事政府は繰り返し、ヤンゴン大学を閉鎖し、学部教育を剥奪した。ヤンゴン大学の大学学部生は郊外のダゴン大学、東ヤンゴン大学、西ヤンゴン大学などの新設大学に分散させられ、ヤンゴン大学では、大学院教育機関となっている。

また、ダゴン大学(Dagon University)は1993年に設立された、学生数6万人・20の学科を持つミャンマー最大の国立大学である。

  • 中央:ダゴン大学学長(Rector)のDr.Hia Htay、右:Mr.Ye Htun
  • 中央:ヤンゴン大学前副学長のDr.Win Ko
  • ヤンゴンセーリングクラブ
  • ヤンゴンセーリングクラブへの道
  • ヤンゴン大学大学院生:geography専攻
  • ヤンゴン大学学生食堂

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。