キャリアプラニング科公開講座で薬膳入門セミナーを開催

2月25日、「からだの中から元気を作る」と題して、短期大学部キャリアプランニング科主催による公開講座を開催しました。講師は、キャリアプランニング科教授であり、国際中医薬膳師でもある木下賀律子先生。会場は本学調理室で行われ、木下先生のデモンストレーションのあと、受講者は5つの班に分かれ、ナツメを使った薬膳茶、アーモンドとくるみを使ったアンチエイジングのクッキー、白きくらげと杏仁霜のデザートスープを実習し、事前に用意された中国粥とともに試食しました。

実習の進行内容にあわせながら、中医学に基づく薬膳の基本的な考え方や、生薬の扱い方やその働きなどを講義。からだの中から元気になるとはどういうことかを伝えました。

「薬膳の目的は、病気にならないようにすること。今回の講座で学んだことをヒントに普段の食の中で生かしてほしい」と結びました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP