第50回全国私立短期大学体育大会で短大部学生10名が健闘!

8月3日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館での開会式を皮切りに、6日まで、関東各地で開催された第50回全国私立短期大学体育大会に、本学短期大学部学生が初めて参加。女子卓球と女子バレーボールに出場しました。
今大会の参加者総数は、67校1,728名(男子300名、女子1,428名)。開会式では、大会名誉総裁である高円宮妃殿下のおことば、連続出場校表彰、選手宣誓のほか、日本体育大学のチアリーディングと少林寺拳法の公開演技が行われました。
本学短期大学部からの出場は、女子バレーボール7名、女子卓球3名。大会参加を決めた今年の4月からわずかの期間でしたが、それぞれに結果を残すことができました。当日、学生たちは、他校の様子や試合を生で感じ、やる気のスイッチが入ったようでした。
女子卓球は、8/4、5の二日間、新宿コズミックスポーツセンターで、団体6チーム、個人(ダブルス)10組、個人(シングルス)29人の試合が行われ、女子バレーボールは、8/4,5,6日の三日間、大田区総合体育館で36チームが熱戦を繰り広げました。
今回の体育大会参加により、短大でもスポーツが継続できること、これまでの経験を規模は小さいながらも「全国大会」で発揮できることを、学生たち自身が証明しました。今回の出場が、学生たちにとってかけがえのない思い出となり、さらに来年への活力になればと次回への期待が集まっています。

卓球結果

女子団体3位 メンバー/野田帆乃花(キャリアプランニング科2年)、内藤ひかる(キャリアプランニング科1年)、深田知代 (幼児教育・保育科1年)
女子ダブルス準優勝 内藤ひかる・深田知代ペア
女子シングルス
ベスト16 野田帆乃花、準優勝 内藤ひかる、ベスト8 深田知代

女子バレーボール結果

予選リーグで、修文大学短期大学部にセットカウント2-1で勝利し、決勝トーナメントへ。
決勝トーナメントでは、千葉経済大学短大にセットカウント2-0で勝利。次の帝京学園短大に0-2で敗れ、惜しくも8/6の試合にコマを進めることができなかった。
メンバー/主将 近藤帆夏(キャリアプランニング科2年)大谷真代(キャリアプランニング科2年)山本若奈(幼児教育・保育科2年)赤嶺阿里沙(幼児教育・保育科2年)杉浦真利花(キャリアプランニング科1年) 山田萌々栄(キャリアプランニング科1年)大森萌生(幼児教育・保育科1年)

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。