第50回全国私立短期大学体育大会の女子バレーボールと女子卓球に10名が出場

8月3日から開催される第50回全国私立短期大学体育大会に、本短期大学部の学生が初めて出場する運びとなり、7月29日、選手結団式が行われました。
この体育大会は、短期大学の体育・スポーツ振興と、学生の健康増進と相互の親睦を図るために、私立短期大学協会が主催し、文部科学省及び東京都の後援によって毎年開催されています。
本学では、第50回大会に向けて昨年度末から選手を募集。いずれも高校時代に活躍した経験者が集まり、女子バレーボール7名、女子卓球3名が出場します。
「若いときの経験は、その後の人生の大きな力となる。ぜひともよい思い出をつくってください」と伊藤晴康学長。
選手誓いのことばでは、女子バレーボール主将の近藤帆夏さん(キャリアプランニング学科2年)が、感謝の気持ちを述べ、「自覚と誇りを持ち、正々堂々と頑張りたい」と誓いました。
女子バレーボールは大田区総合体育館で、卓球は新宿コズミックスポーツセンターで行われます。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。