専攻科 福祉専攻の学生がボランティアに参加しました

7月19日(日)、社会福祉法人 三竹会(豊川市金沢町)の納涼祭のボランティアに専攻科福祉専攻学生6名が参加しました。
学生達は納涼祭の運営をお手伝いしながら施設利用者さまやそのご家族とふれあうことができ、貴重な体験をいたしました。

学習には地域の医療・福祉関係事業者様にご協力をいただいております

7月15日(水)木戸病院に専攻科福祉専攻学生12名が医療と介護の連携について学びました。

7月10日(金)特定非営利活動法人てのひら 視覚障害者就労支援施設(豊橋市三ノ輪町)を見学に行き、視覚障害者の方の社会参加の必要性や自立支援のあり方について学びました。

7月4日(土)「第12回平成27年度 在校生・卒業生のフォローアップ研修会」を行いました。在校生12名と卒業生代表者5名と非常勤講師5名が参加しました。今年はじめて、就職先での研修状況のアンケート調査の中間報告と卒後支援研修プログラムの紹介がありました。また、卒業して10年目の4回生豊田千恵さんは知的障害児童:放課後デイサービス「みらい」を開設し地域生活支援のあり方について報告がありました。13回生の金田美加さん、11回生福井愛香里さんからの発表もありました。
外部の施設関係者2名(WaC/ソレイユ)から、施設の紹介もあり、在校生にとって、このフォーアップ研修会は、就職にもつながる研修会となりました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。